* ひーこさんの毎日 *

裁縫に製菓にガーデニング・・・。今日も何かに夢中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

簡単だった♪ 浴衣用の巾着

夏の花火大会に向けて、新しく浴衣用の巾着を作りました。

DSC_0010 (コピー)


開くとこんな感じです。
DSC_0004 (コピー)



作り方はとっても簡単です。
縫うところも少ないので、手縫いでもいけそうなくらいでした。

図で説明すると、こんな感じです↓


まず、正方形の布を二枚用意して(大判のハンカチでも可)
中表にして合わせます。
05 (コピー)


周囲を一ヶ所開けてぐるっと縫います。
06 (コピー)
※図では分かりやすくするために下の布とちょっとずらして描いていますが
実際はキレイに重ねてください。


表に返したら、一ヶ所空いてるところも周囲と同じように内側に織り込みつつ
周囲を端から2mmほど空けてぐるっと縫います。
07 (コピー)

※閉じる前に、底用に正方形の厚紙を中に仕込んでおくと、一層仕上がりがキレイに↓
08 (コピー)



そしたら、外側に出る面を上にして(この場合は紫の面を外側にしたい)
四隅を少し折り込みます。
02 (コピー)

※この折り込む幅は、仕上がりに影響します。
たくさん折るとより華やかな仕上がりになります。
また、あまり少ないと袋にした時に横から物が溢れてしまうので要注意です。

紐を通す分を残して縫い留めます。
03 (コピー)

紐を二本、左右対称に通します。
同じ色でもいいですが、二色使うと可愛いと思います。
04 (コピー)



私はなるべく手持ちの布で作りたかったのですが
端切れがどれも欲しい大きさ分がなくて、仕方なく繋ぎあわせてパッチワークのようにして大きい布を作りました。

小さい正方形で繋げば、市松模様みたいになって浴衣にも合うかなと思って。

同じ大きさに切った小さな正方形を、まずは横一列に繋げて
IMG_27011 (コピー)

これが全部出来たら、次は縦に繋ぎあわせました。
IMG_2702 (コピー)


きちんと測って正確な正方形を作ればよかったのですが
性格が適当なもので(^^;)、目分量で適当に切って、それをさらに適当に縫ったので
案の定歪みまくり・・・。小さな正方形の角同志も合ってないという微妙な仕上がりに。
IMG_2703 (コピー)


まぁでもいいです!
広げて使うわけじゃないし、きっと目立たないでしょう。

ついでに言うと、内側に使った赤い布も大きさ的に足りなくて
あちこち継ぎはぎして一枚の大きな正方形にしました。
IMG_2704 (コピー)


そして四隅の折り込みはこのくらいにしてみました。
IMG_2705 (コピー)

このくらい赤い部分を出すと、仕上がりがこんな感じになります。
DSC_0010 (コピー)


紐はセリアで「江戸打紐」(だったかな?)というものを買ってきました。
私は地の色と合わせて、赤と黄色の二色使いです。


私は今回、布の大きさが足りなくてパッチワークや継ぎはぎをしましたが
この行程がなければ本当に簡単に出来ると思います。


両面無地にして色違いにしたり、片面を柄物にしたり
浴衣の柄や色に合わせて色々出来るのが楽しい。


簡単なのでぜひ試してみてください。



↓ポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
【2015/07/23】 ■ソーイング 小物 | TB(0) | CM(0)

まっすぐ縫うだけの超簡単布ナプキン

先月から急に布ナプキンに興味を持ち始めました。

なんだか、すごく良いらしいですね。


色々調べてみて、いいなと思ったポイントは↓です。

・通常のナプキンは、血液を吸収する素材(?)が冷えピタとかの熱さましの成分を同じものが使われているので、身体を冷やしてしまう作用がある。生理痛などが重い人はなるべく温めなければいけないのに、これではまるで逆効果

・布ナプキンはとても暖かくて気持ちよく、生理じゃない時でもつけていたいほど快適

・ナプキンは使い捨てなので、無くなるたびに買わなければならず、生涯で使う枚数を考えれば結構大きな出費になる

・ゴミ問題についても、使い捨てナプキンはなるべく使わない方が良い


とか、こんな感じでした。


とはいえ、布ナプキンなんて全く使ったことないですから、どうやって使うの? 漏れたりしないの? とか疑問がたくさんだったのです。それに、どんなものがあるか見てみると、オーガニックコットンを使ったものとか色々あるのですが、結構高い。




形も色々あるみたいだし、はじめて尽くしでもう全然わからない。


そんな時、手作り布ナプキンのサイトを発見しました。

どうやらハンドタオルを使って作るらしいのですが、そもそも私は布ナプキンが自分に合ってるのか(今後も使いたいと思うか)未知数だったため、とりあえず作るのは先送りにするとして、まずは試してみることにしました。


その方法は・・・

・生理終わりかけの5日目とか6日目に
・ハンドタオルをただ三つ折りにしただけの状態にして
・羽なしナプキンの要領で下着に装着

という感じです。

ハンドタオルは三つ折りにしてるので、上の面が汚れたら、折り方を変えて(?)使えば二回使えるらしいです↓


キャプチャ (コピー)



というわけで、とりあえず使い心地を試すためにこんな感じで使ってみました。


量が少ない日だったとはいえ、はじめての布ナプキン。
やっぱり漏れないか、染みないかとても不安でした。

でも、確かに肌触りは心地よく、ふわっとしていて温かい。

お手洗いに行ったタイミングで畳み直して下の面を出して使って、上の面、下の面両方使ったら、ビニール袋に入れてポーチへ。そして新しいものを出して同じように装着。

一日で2枚あれば大丈夫でした。(※量によると思います)

洗うのも大変かなぁと思ったのですが、これもネットで調べたところ

・固形石鹸などでざっと落とせる部分は落として、あとは洗剤を少し溶かした溶液にひとばん浸け置き
・翌日もう一度固形石鹸などで洗う

という方法を試してみたら、案外キレイに落ちました。


なので、これは行けるかなと思って、ようやく布ナプキンを自作することにたのです。


とーっても簡単なので、作り方をご紹介しますね。


まず用意するものから。

私はセリアで揃えたのですが、こういうハンドタオルを用意しました↓
DSC_1630 (コピー)


私的なポイントは以下の2点です。

・血液汚れが目立たないような色柄
・縁は三つ折り処理ではなく、なるべくロックミシンとかで処理してある(厚みがない)
※厚みがない方が乾きやすいかなとか、肌に当たるときに違和感がなくていいかなと思って。

本当はガーゼタオルの方が毛羽立たなくていいかなとも思いましたが、残念ながらセリアでは見つけられませんでした。


大きさはこんな感じのものを選びました。

小さい方が20cm×20cm
DSC_1633 (コピー)

細長い方が18cm×33cm。(これは夜用に使います)
DSC_1635 (コピー)

ナプキン1つにつき、タオルを2つ使います。

こんな風に置いて
DSC_1636 (コピー)

ここを縫います。ダダーっと直線に。
DSC_1639 (コピー)

私はきっちり測ったりせず、目分量で縫いました。
だいたい横幅が1/3になればいいかな~くらいで。

縫い終わって試しに畳んでみると、こんな感じになります。
DSC_1640 (コピー)

昼用はこんな感じです。

夜用も、要領は同じです。

こうやって重ねて縫う。
DSC_1641 (コピー)

畳むとこんな状態です。
※血液汚れが目立たないように、敢えて色柄の強い面が表に出るように縫い付けました。
DSC_1642 (コピー)

縫い線は、補強の意味で1ヵ所につき二本入れています。
ガシガシ手洗いするので、1本じゃちょっと弱いかなと思って。
DSC_1645 (コピー)


こうして縫いあがった物に、スナップボタンを付けて行きます。

先ほどのこの状態から
DSC_1640 (コピー)

裏返して、三角部分を重ねてボタンを付ける位置を確認して
DSC_1648 (コピー)

そこにスナップボタン。これが、いわゆる羽の部分になります。
DSC_1647 (コピー)

表から見るとこんな状態になります。
DSC_1651 (コピー)

夜用も同じです。


セリアではさらに、こういう蓋つきのボウルも買ってきました。
DSC_1652 (コピー)


これは浸け置き洗い用の桶として使います。

やっぱり血液汚れなので、浸け置きしている間の水の色や匂いが多少あるのですが
家族と同居している場合などは他の家族に迷惑をかけないよためにも(?)浸け置く容器は工夫したほうがいいと何かに書いてありまして。

それで、この不透明のボウルとさらに蓋つきだったこちらを買いました。
蓋つきで108円です。

蓋を開けるとこんな感じ。
DSC_1653 (コピー)

蓋の文字・柄はプリントされたものがセロテープで貼ってあるだけなので、簡単に取ることができました。
取るとこんなにシンプルです。
DSC_1654 (コピー)


これで浸け置きの準備もOK。


そして持ち歩くときは、こんな感じにしようと思っています。
ポーチ(なるべく防水加工されたもの)、使用済み布ナプキンを入れるビニール。そして、替え用の布ナプキン。
DSC_1655 (コピー)


こんな感じで、次回の生理から使ってみたいなと思います。
まだ慣れてないので、やっぱり量の少ない日からスタートにするつもりですが、徐々に完全に布ナプキンに移行できたらいいなと思っています。

そしたら、毎月買っているナプキンをもう買わなくて良くなるんですものね。
節約にもなるし、その上ひどい生理痛が少しでも軽減してくれたら万々歳です。


ポチっと応援よろしくお願いします。

クリックすることで、ブログ村のランキングのページに飛ぶようになっています。これで10ポイント投票されたことになるのです。
1日1回が有効票になりますので、ぜひよろしくお願いします↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
【2015/06/08】 ■ソーイング 小物 | TB(0) | CM(2)

ギンガムチェックのフリル&リボン七分袖トップス

私のお気に入りのショップで、先日とーっても素敵なトップスを見かけました。
でもお値段13,000円以上。

ちょっとトップスにしては私には手が出ないお値段です。
セールまで待ってみましたが、セール価格でもまだまだ高くて
結局諦める事にしたのです。

でも、何度も何度も通って眺めていたので、
デザインは頭に叩き込んでありました。

そこで、似たような生地を買って、無謀にも自分で作る事にしたのです。

デザインは、まず白×黒の細かいギンガムチェックの生地で
丈はやや長め。七分袖で袖口は幅広のフリルがあって、フリルとの切り替えのLINEにリボンが施されている感じです。

色々盛りだくさんで凝ったデザインのようですが
実はとてもシンプルで、でもよく見たら何気にデザインが個性的。

という感じで本当に素敵でした。


そのイメージを元に、私のつたない縫製レベルでなんとか完成させたのがこちらです。
th_IMG_2217.jpg

夕方撮影したので日のあたり具合が微妙な感じになってしまいました。

制作には二日かかりましたが、昨年の6月頃からこのブログで色々と制作して以来
今回は一番丁寧に作りましたし、一番仕上がりもキレイに出来ました。

とっても自信作です。

横はこんな感じ。
th_IMG_2218.jpg

後ろ。
th_IMG_2219.jpg

今回、はじめて肩のトップに「いせ」を入れてみました。
細かいギャザーを1.5cmくらい寄せて入れたのですが、これがあるのとないのとでは大違いですね。
見た目にも立体感が出ますし、何より着心地がとても良い。
腕の稼働がスムースです。
th_IMG_2220.jpg

袖口はこんな感じです。
フリルとリボン。
th_IMG_2221.jpg

どちらも控えめなので、良い歳のアラサーの私でも変に浮く事なく着こなせます。
(と本人は思っています)

裏はどうなっているかと言うと、襟元と裾に見返しを付けました。
これもショップで見た見本をそのまま真似た感じです。
なんだか既製品っぽい「ちゃんとした感じ」になって嬉しいです。
th_IMG_2222.jpg

後ろ。
タグはいつものように、花模様のリボンをタグのように縫い付けているだけです。
私が制作した服にはこのタグを付けるようにしています。
th_IMG_2224.jpg

そしてサイドは黒のパイピングで包んで後ろ身頃に倒してミシンをかけました。
これはオリジナルです。
th_IMG_2225.jpg


あと、裾なんですが
良ーく見ないと分からないと思いますが、微妙にカーブしています。
th_IMG_2226.jpg

気持ち、前身頃だけ少し長めにしました。
私は少し胸が大きめなので、同じ長さにしてしまうと前身頃が上がってしまうのです。

なので着た時に前後のバランスがキレイに見えるようにと思ってこうしてみました。

このカーブもなめらかなラインを作るのに苦労しました。
型紙を当ててアイロンをかけてからミシンで縫ったのですが
思った以上にキレイに仕上がって満足です。

カーブのライン、こうやって見ると少しわかるかな。
うん。良い感じ。
th_IMG_2227.jpg

これは、先日作った赤いサーキュラースカートに特に合わせたかったんです。
(そのときの記事はこちら→「サーキュラースカートでコンシールファスナーに初挑戦」
th_IMG_2229.jpg

スカートに合わせるには少し丈が長かったかな・・・。
でもこのクラシカルな雰囲気、とっても好みです。

サイド。
th_IMG_2230.jpg

後ろ。
th_IMG_2232.jpg

サイドのカーブ。
th_IMG_2231.jpg


ちなみに型紙は手持ちの服を元にトレースして作りました。
こちらがトレース元になった服です。
付かず離れずのフィット感が私の体に良く合っていて
着やせして実際よりスリムに見えるのがお気に入りです。
th_IMG_2261.jpg


これをせっせと紙に写して(トレースして)作った型紙がこちら。
th_IMG_2215.jpg

袖だけは身頃の袖口の長さを測って新たに書き起こしました。
私のような超初心者でも引ける肩のパターン作成方法はこちらをご覧ください↓
「チューリップスリーブのブラウス」
記事が長いですが、中間あたりに「基本的な袖の書き方」というリンクを貼っています。


並べてみるとどうだろう。
元になった服と、今回作った服。
シルエットは同じでも素材や袖口のデザインだけでだいぶイメージが変わりますね。
th_th_IMG_2261.jpgth_th_IMG_2217.jpg



さておき。

楽天ではこんな感じが良く似てますね。
っていうか、めっちゃやすーい!さすが楽天。
黒ドットもかわいいなぁ。



こちらもやすーい(涙)
なるほど。リボンだけ黒にしてもかわいいな。
飽きたらリボンだけ変えてみよう。



にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ
↑ランキングに参加しています。読んだよの代わりに応援の1クリックよろしくお願いします!

サーキュラースカートでコンシールファスナーに初挑戦

お気に入りだったトラサルディの赤いスカートを、先日断捨離で手放しました。

色やデザインはとても好きだったのですが、素材がちょっとNGでした。
シルク混だったので、水洗い不可。そしてすごくシワになる。

着るたびにクリーニング行きだったので、コスパがとても悪かったのです。
赤って派手はイメージもありますが、少しだけ落ち着いた赤だと派手な印象はだいぶ薄らぎます。
それでいて着こなしのアクセントになるし、手持ちの服のコーデがすごく広がるんです。
red-skirt_400 (コピー)
red-fifties-skirt (コピー)
image1xl (コピー)
emmy-rossum-red-skirt-05 (コピー)
blue-stradivarius-jacket-black-romwe-bag-red-h-m-skirt_400 (コピー)



だから、手放してしまったけどまたあの色のスカートが欲しいなーと思ってました。

楽天だとこんな感じ↓


なかなか店頭ではイメージにあう色味が探せなかったので
自分で仕立ててみることにしました。

買ったのはなんとカーテン生地。しかも斜光タイプ。(右)
IMG_1886 (コピー)

厚みがあるので透けないし、重さがあるので落ち感があって着やせしそうだし
シワにならないし洗濯機でガンガン洗えるし
そのうえ上品なとろみもあるのでスカートにしたらとっても良い感じだろうなと思って。

生地のアップはこんな感じです。(表)
色味が分かるように手を置いてみましたが、なんとなく伝わるでしょうか。
IMG_1888 (コピー)

裏は光沢があります。
IMG_1889 (コピー)

サーキュラースカートなので、早速四分の一に畳んで丸くカット。
IMG_1892 (コピー)

360度で仕立てると、この生地ではちょっとボリュームが出すぎかなぁ。
IMG_1893 (コピー)

トルソーに着せながら、好みのボリューム感を探っていきます。
私はこのくらいにしました。1/4ほどカットしたので270度くらいです。
IMG_1899 (コピー)

ウエスト部分は私はくびれが全くない体型なので(ようするに太っている)
少しでも細く見せたくてヨーク仕立てにすることにしました。
ゴムだと簡単だけど、ギャザーが寄る分着膨れしますもんね。。。
IMG_1921 (コピー)
IMG_1922 (コピー)

ヨーク仕立ては以前チュールスカートのウエストをリメイクした時の型紙を使いまわしました。
チュールスカートのウエストをリメイク

あの時は後ろだけゴムを入れましたが、今回は一周全部ゴムなしです。

ということは、ジップアップスタイルにしないといけません。

私チャック付けはやったことがない。
しかも今回はチャックと言ってもコンシールファスナーを使いたい。

図書館で洋裁本を借りて来たりyoutubeで動画を見たりして勉強しました。
(↑の画像はまだチャックが付いてない状態です)

で、かなり雑ですがなんとかつけることが出来ました。
IMG_1956 (コピー)
IMG_1957 (コピー)

ヨーク部分の下端が合ってない><
良く見たら上端も微妙!

ですが、これが今の私の限界です。

そしてサーキュラースカートは風に弱い・・・といか風が吹くとものすごく広がってしまうので
うっかり下着を世間様に晒すことの無いように、裏地も付けました。
IMG_1960 (コピー)

スカートよりはグッとタイトにして、どんなに強風が吹いても裏地はめくれ上がらないようにしました。

ヨーク仕立てで裏地を付けるなんて、私にしてみたらとても高度です。

しかも今回はチャックも付いているので、もうどうすればいいのかわからない。
一応無理やり処理してみたのがこんな感じです。
IMG_1961 (コピー)

市販のスカートを見てみると、もっとスッキリしているので
これは絶対にやり方が間違えていると思うのですが、どうすればいいのか全く分かりませんでした。
今後勉強していきたいです。

とりあえずここは裏側で人目に触れるところではないので、今回はこれで良しとします。

ヨーク部分のアップ。
IMG_1959 (コピー)



というわけで、色々初挑戦したサーキュラースカートもなんとか形になりました。

IMG_1955 (コピー)


IMG_1956 (コピー)

後ろ
IMG_1958 (コピー)


せっかくハンドメイドなので、もう少し何かデザインを加えたいなと思っています。
ウエストに着脱できるリボンを付けるのが良いかなと思って
いつも通り楽天でいろんなウエストリボンタイプのスカートを見て研究中です。











ひーこより。


にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ
↑ランキングに参加しています。応援の1クリックよろしくお願いします!

手作り保冷機能付きマイバッグ

3年ほど前に、マイバッグを手作りました。

IMG_1740 (コピー)

デザインは、母が持っていたマイバッグのパクリです。
上下の無い絵柄だったのですが(ゾウは上向きのものと下向きのものがランダムに並んでいる)
作った後で表に出てるゾウがたまたま逆さまのものばかりになってしまって・・・
なんか布使いを間違えたかのような仕上がりになってしまったのがとっても残念なのですが(笑)

内側に使ったのは、ダイソーで買った保冷バッグ(?)
こういうの↓
DSC00929 (コピー)
※画像お借りしました。

これを裏返して内側が銀色になるようにしてバッグ本体にミシンで縫い付けました。
IMG_1742 (コピー)

保冷機能を付けたので、小さく折りたたむことは出来ませんが
牛乳とかお肉とか、そういうものを夏の時期でも自宅まで冷たいままで持ち帰れるのでとても重宝しています。

重いドリンク類を数本入れても大丈夫なように、取っては特にしっかりと縫い付けました。
この取っては当時ダイソーで買ったもので、合皮のホワイトのもの。たぶん40cmサイズです。

縫い付けはしっかりしたのですが、3年も経つと折れ目(?)が相当弱ってたみたいで
先日図書館に本を返そうと思って10冊近く本を入れて持ち上げたら
さすがに重量に耐えきれずブチっと千切れてしまいました。
IMG_1743 (コピー)

反対側を見てみても、こちらも切れる寸前。
IMG_1744 (コピー)

こんな風になっているなんて全然気が付かず・・・今回は本だったから良かったけど
これが瓶入りのドリンクとか持ち運ぶときだったら大参事になるところでした。

やっぱり100均では限界が・・・とも一瞬思いましたが
3年もの間ヘビロテで使ってきたので、むしろ良く頑張ってくれたのかなと思っています。

さてさて。取っ手が千切れてしまっては使えないので
新たなる取っ手を探しました。

前のは肩にかけられる長さではなかったので
今度は60cmは欲しいなぁとか、出来ればパイピングと同じイエローがいいなぁとか。

手芸店とか楽天とか色々かなり時間をかけてみて回りましたが
残念ながらそもそもイエローというのがない。

しかも私のバッグのイエローは、ちょっとオレンジがかった落ち着いたイエロー。
ますます探しにくい。

手作りすることも出来ますが、私の中のこだわりで
手作りバッグに手作りの取っ手はNGなんです。

なんか取っ手まで手作りしてしまうと手作り感満載なんですよね~^^;

なので既製品であることは必須。
それも、こういう合皮か出来れば本革。と決めています。

そんなこんなで探して、見つけたのがこちら。


長さはちょっと妥協して、以前よりやや長いくらいの48cm。
折れる部分が金具になっているので合皮自体に負担が掛からなさそうなのも決め手となりました。
色も同じアイボリー。

そして何といっても安い!556円で税込なんです。
それに送料も最初は宅急便(たしか)だったのですが、注文後にお店からメールを頂いて「おひとつのみならメール便での発送も可能です。保証はありませんが、お安くなるのでいかがですか?」と。

もちろん即メール便に変更してもらい、送料140円で済みました。

それで付けてみたのがこちら↓
IMG_1746 (コピー)

比較のため、前回のがこちら↓
IMG_1740 (コピー)

長さはわずかしか変わらないけど、こうして見るとカーブが無理ない感じでラインがキレイ。
金具もポイントになって、以前よりグレードアップしたみたいです。

折っても、金具部分でキレイに折れるので合皮に負担がかかりません。
IMG_1747 (コピー)

長持ちしそうで嬉しいです^^


ちなみに買い物に行くときは、バッグは車に置いたままでこのバッグだけ持って出ます。
外ポケットは片側に携帯電話、もう片側に車の鍵、そしてバッグの中にお財布を入れるだけなので身軽でとっても便利です。

ただ、パイピングの布をケチってバイアスで断たなかったので、仕上がりがあんまりキレイじゃないのが反省点。
今度取っ手が壊れたら、本体ごと作り直そうと思っていますが
きっと3年以上持ってくれることと期待しています。


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ランキングに参加しています。今日も応援の1クリックよろしくお願いします!
【2015/03/11】 ■ソーイング 小物 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ひーこ

Author:ひーこ
1980年生まれの松坂世代。

ひとたび笑いのスイッチが入ったら、箸が転がるどころかハトの歩く姿にさえ笑いを堪えることができない、おめでたい性格。

普段はしがない会社員で、2013年から実家暮らしを満喫中。

ブログ内検索
当ブログの画像一覧
当ブログの記事ランキング
フリーエリア
ブログパーツ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。