* ひーこさんの毎日 *

裁縫に製菓にガーデニング・・・。今日も何かに夢中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

断捨離で気付く自分の価値観

私はいつも人よりも乗り遅れるのが遅い方で
今更ながら、絶賛「断捨離」実践中です。

はじめての断捨離の記事はこちら→「断捨離はじめました」

「断捨離」ではなく「片付け」に関しては、
昨年頃からこんまりさんのベストセラー本を読んで色々と整理整頓してきました。


「一気に、短期に、完璧に」は私の性分に合っていたようで
さっぱりと片付き、さらに物の定位置を事細かに決めたことが幸いして
本当に散らかることがなくなって、スッキリした部屋で過ごせるようになりました。

加えて、これまで私は引っ越しが多い生活をしていたので
引っ越しの度に荷物を見直したり、処分しているうちにかなり物が減りました。

引っ越しが頻繁だったので、物を買う時も次に控えている引っ越しを考えると
必然的に買い物には慎重になりました。

特に服については、「可愛い!」とテンションが上がっても次の瞬間に
「でもこれ、いつか処分することになるかも」と反射的に考える癖までつきました。

色々処分していると、自分の好みや買い物の癖が分かってきて
「こういうタイプは時間が経つと飽きる」とか
「買っても結局ほとんど着ない」とかが見えてきます。

私の場合で言うと、服を処分するか否かの基準は
デザイン云々よりも、素材の耐久性がかなり大きなポイントになることがわかりました。

例えデザインが良くても、値段が高かったとしても、「安っぽい生地」であれば
結構な確率で処分の対象になるのです。

生地がしっかりしているか、質が良いかどうかは
販売価格に比例しないことも珍しくありません。
高くても「安っぽい服」はたくさんあるし、逆に安いのにとても上質な服はいくらでもあります。
値段に振り回されないことも大切です。

デザインには流行もありますが、私は質さえ良ければ
流行を過ぎていても愛着を持って着れるタイプ。

そういうことが分かってくると、買う時の基準は
「質が良いかどうか」に集約されてくるのです。

洗濯を繰り返しても、いつまでもキレイな状態を保てるか
ヘビロテしても毛玉になったりクタっとなったりしないか。

そういうところを見て、服を買うようになりました。
他のものに対しても、これと同じように自分の中での基準がしっかりしてきて
これが片付けの効能だな、と実感しています。


それでも流行りの「断捨離」については
なかなか馴染めず、敬遠していました。

最近になって本を読んだりしているのですが、断捨離がなんなのかが少しずつ分かってくると
私がやっていることは断捨離そのものだったんだなぁと気付くことがたくさんありました。


断捨離に関する本は、目移りするほどたくさんありますが
色々な方のブログを拝見していて気になったのがこの1冊です。

【ガラクタ捨てれば自分が見える-風水整理術入門】
カレン・キングストン著




「風水」という言葉に一瞬たじろぎましたが、
まぁまずは読んでみようと思って図書館で借りてみました。

導入の部分が長すぎて、なかなか本題に入らないので
やきもきしながら読んだのですが、いくつか印象に残っている記述もあります。

ちょっと引用してみます。


-------------------------
あなたが好きなもの、使うもの、愛用しているものはそのまわりに強い快適なエネルギーを振りまいています。
家の中が好きなもの、良く利用されているもので満ちていると、あなたの人生に力強いサポートと養分を与えてくれるのです。人生にあまり意味のないもの、重要ではないものを処分することによって、あなたは体も、心もそして魂も軽くなることでしょう。
-------------------------

若干スピリチュアルが入っていて、苦手な人にはとことん苦手な考え方かもしれません。
それに、こういう内容は他の多くの片付け本、断捨離本にも書かれているので、とりわけ真新しい感じもしません。

それでも私はここを読んで、色々と腑に落ちたというか、「あぁ、じゃああれも処分しちゃっていいか」と思い切りがつきました。

やはり同じ言葉でも、心に響くか響かないかは聞くタイミングですね。



そんな感じで、私はまた部屋の中の色々なものを処分しました。
ある程度処分や整理はしてきているので、
今回見直したのは、クリアファイルとかケースに入っているものの中身。

ケースに収まっているものって、ケースごと整理してしまいがちで
中身を見直すってあんまりやってなかったのです。

それに書類とかだとなんだか大事そうだし・・・。

でもいざケースを空けて1つずつ見てみると、「人生にあまり意味のないもの、重要ではないもの」に分類されるものがたくさん。かなりの書類やノート・ファイルなどを処分しました。

ついでに、以前一時期だけハマって集めていた
ガラスのミニチュア動物たちを処分しました。
photo (2) (コピー)

いつか、ガラスの動物で小さな動物園を作ろうと思って意気込んでいたのですが
もう自分が何の動物を持っているのかさえ思い出せない状態。
しかも飾らずにしまいこんでありました。

こういう飾り系というものは、しまっておくということが本当に不毛ですよね。
飾る以外に使う用途がない上に、飾らずに置いておくとしたら存在意義が全くありません。

それでも今まで、捨てられずにいました。
見た目が動物なので、情が湧いてしまったのです。

でも飾ることもないし、今後集めることもないし、思い切って処分しました。
これを機に、たぶん今後はよほどのことがない限り
飾る系のものは買わないと思います。


そして、本棚の本は今回16冊、そしてDVDセットをひとつも処分しました。
photo (1) (コピー)

繰り返してきた引っ越しや、片付けでも処分の対象にならず
今まで生き残っていたものばかり。

近所の本屋さんになくて、取り寄せてもらったりした思い入れの強いものもあります。
でも、この本を改めて読むことはほとんどないし、今後じっくり読むこともないだろうなと思いました。

そんな時間があったら、むしろ新しい本が読みたい
という気持ちの方が勝ってしまうものたちです。

でも内容はすごく良くて、はじめて読んだ時にはとてもウキウキした気持ちでした。
なので、私が読まないのなら、どなたか読みたい方の手に渡って欲しいとも思いました。

語学の参考書も、今は全力で勉強しようという気持ちではありません。
こういうものはその時代に合わせて試験内容が変化するので、参考書も変わっていきます。
今後勉強したいと思ったら、きっとその時にまた改めて買うだろうなと思いました。

リサイクルショップに持って行ったのですが、合計670円にしかなりませんでした。
本当に二束三文ですよね。なんだかさみしい気持ちになります。

一瞬「そんな値段にしかならないんだったら、やっぱり部屋に置いておこうか」とも思いましたが
どっちにしろ、もう読まない本ばかり。いらない物を部屋に置いておくよりは、やっぱり手放してすっきりさせよう
と思って、買い取って頂きました。

670円ぽっちの見返りよりも、「いらないものを置いておくスペース」の方が私には負担なのです。
それに不用品がお金に換金されるのですから、多少なりともメリットはあります。

ちょっと腑に落ちなかったのは、DVDセット。
3本セットでBOXに入っているのですが、「箱には値段が付きませんでした」と言われて返されたのです。

え?箱も含めてDVDセットなんじゃないの?
なぜセット品をバラバラに買い取るの?

と思いましたが、まぁ向こうがそう言っている以上、納得するしかありません。
結局、箱だけ持ち帰っても仕方ないので、処分してもらいました。

なんか腑に落ちない。

あ、リサイクルショップに持っていくときに
私が心に固く決めていることがひとつあります。

それは
「絶対に買い物をしてこない」ということです。

本とか服とか、買い取り査定してもらっている間にふらふら見ていると
思わず買ってしまいそうになるのですが、今は
「部屋の物を減らすために処分に来ている」訳ですから、新しく何かを手に入れるのは
矛盾しています。

しかも、買い取り価格が今回のように数百円にしかならない場合
不用品の処分代よりも、新しく買い物の値段の方が高くなることもあります。

せっかく車を出して不用品を買い取ってもらっているのに
新しく不要なものを持ち帰って、しかもその収支がマイナスだなんて!

そんなことにならないように、財布の紐は固く。
どうしても目移りしてしまうなら、いっそ店内は見て回らない!

ということにしています。

そうしているうちに部屋はだいぶスッキリしましたが、
私の目指す「物の少ない生活」「心地いい部屋」にはまだ達していないので
これからも色々見直してきたいと思います。

※肝心の部屋の写真撮り忘れました。今度UPします。

追記)アップしました→「現在の部屋の様子」

ひーこより。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
↑今度は、「手元に残しているもの」を紹介したいと思います。応援ポチよろしくお願いします!
まだ押したことがない方も、ぜひ一度ポチっと!
関連記事
【2014/08/13】 ■部屋&DIY 片付け | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ひーこ

Author:ひーこ
1980年生まれの松坂世代。

ひとたび笑いのスイッチが入ったら、箸が転がるどころかハトの歩く姿にさえ笑いを堪えることができない、おめでたい性格。

普段はしがない会社員で、2013年から実家暮らしを満喫中。

ブログ内検索
当ブログの画像一覧
当ブログの記事ランキング
フリーエリア
ブログパーツ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。