* ひーこさんの毎日 *

裁縫に製菓にガーデニング・・・。今日も何かに夢中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

こひつじのベビースタイ

小学生のころからの友人に赤ちゃんが生まれました。
まだ生後3ヵ月にもならないホヤホヤの赤ちゃんです。

実は今、その他にもまわりの友達4人が出産して
私のまわりには生後3ヵ月~0ヵ月の赤ちゃんが4人います。

秋には、またひとり出産予定。まさにベビーラッシュです。
赤ちゃん大好きなので、本当に嬉しくて仕方ありません。

で、その友人に「赤ちゃんに何か作って♪」と言われたのでスタイを作ることにしました。
スタイって、生後3ヵ月くらいでも使うものでしょうか?

完成したのがこちら。
photo 1 (コピー)

photo 2 (コピー)


私は独身なのでもちろん赤ちゃんはいませんが
本屋さんなどで手芸の本を見ている時、赤ちゃん小物系の本が目に入ります。
本当にたくさんありますよね。手芸好きなママさんにはたまらないと思います。

私も赤ちゃんが出来たらこういうの作りたいなーと思って
密かに色々見ていました。(今のところ結婚の予定さえありませんが)

その中で、前から気になっていたのが
「作ってあげたい赤ちゃん小物」の中の「こひつじのスタイ」でした。



友達に「赤ちゃんに何か作って」と言われたとき、
すぐにこのスタイが思い浮かび、週末に図書館へ走った・・・というわけです。

実はこのスタイ、見本では顔が茶色なのです。
photo 3 (コピー)

なんとなく、真っ白のひつじにしたかったので
顔の生地はまわりの生地と同じものを使うことにしました。

ただ、輪郭がぼやけないようにステッチ(端ミシンというの?)をかけました。

他にも色々とアレンジを加えました。
例えば・・・
・鼻を大き目に&丸っこく
・輪郭を大きく
・口を省略

と言った感じです。

生地はタオルを使いました。
用途がよだれかけなので、吸水性の高い素材がいいかなと思って。

作り方は思ったよりも簡単で、
まずは型紙を200%に拡大コピーして、生地の上にあてて縫い代分1cmほど大き目に裁断。
photo 1 (コピー)

いつもはチャコペンなどで生地に写すのですが、
そうじゃなくて、型紙を生地に置いて、そのままフリーハンドで1cmオーバーにカットする
という方法を知って、それを真似してみました。

縫う時に1cm内側を縫えば同じことだし
チャコペンで写す手間が省けてとても良いです。
ただ、切っているうちにずれないように注意が必要です。

今回はモコモコした生地だったので、多少の誤差はほとんど仕上がりに影響しないし
こういうやり方もありだなと思いました。

ただ、輪郭がはっきり出る生地や、少しのゆがみが仕上がりに影響する
服などはやっぱりちゃんとチャコペンを使うほうがいいなと思います。

生地を裁断したら、まずは耳から縫いました。小さいパーツなので、裏返すのが一苦労でした。
カーブしているところは、細かく切込みを入れています。
photo 2 (コピー)

続いて、顔の輪郭を作って、そこにフェルトで作った目と鼻を手縫いで止めて
本体と合体させます。
photo 3 (コピー)

表情を作るときに意識したのは、
・目はなるべく離す
・鼻はなるべく上に
の2点。

実はこれ、キティちゃんの法則です。(勝手にそう呼んでるだけ)
キティちゃんのイラストを描くのにハマっていた時に、
思ったよりも目が離れていて、鼻が上めなことに気付きました。

当時はキャラケーキ作りにハマっていたので
キティちゃんをモチーフにしたケーキを作ったこともありました。

その時作ったケーキがこれです。
友達の誕生日用に作ったものです。
th_IMG_2340 (コピー)


あ、話が逸れました。


顔が付いたら、後は中表にして二枚を縫い合わせるのですが
その時に耳を付けるか迷いました。

普通は、耳も一緒に縫い合わせると思うのですが
左右対称に付ける自信がなかったのです。

そこで、一端耳なしで縫い合わせてから表に返し
表から耳の箇所をほどいて耳を挿入し、手縫いで仮止めして
改めてミシンで縫う・・・という方法でつけました。

でも確か、本の手順によれば
耳は表布と裏布の間に挟むのではなくて、後ろに縫い合わせる・・・だったような。
途中から本は全く見ていないので良く覚えてませんが、そんなだった気がします。

でも、私は表布と裏布に挟みたかったので
こういうやり方にりました。

それで仕上がったのか、先ほどのトップ画像のこちらです。
photo 1 (コピー)

耳の位置、ばっちりでしょう?

留め具は、家にあった大き目のスナップを使いました。
スナップだけだと、あまりにも「手作り感」が出ている気がしたので
ダイソーで以前買ったくるみボタンキットを使って、共布のくるみボタンを作ってアクセントに付けました。

私としては、ここ最近で一番の完成度です。
念願のこのスタイを作れたこともうれしいです。

ただ、とっても個性的なので友達が(&赤ちゃんが)喜んでくれるか心配。


作り方は上でも書いたように本当に簡単でした。

二枚合わせるだけのベースに、顔や耳を付けたりしているだけです。
なので、ひつじに限らず、猫やさるなど、他の動物も自分で出来そう。

今回は生地がモコモコしていたので、ミシンを掛けるときに
下に紙を敷いて一緒にミシン掛けして、縫った後で紙を切り取ったりして
なんだかんだと、工夫を凝らして作ったけど、生地によってはもっと簡単に作れそうです。

ベースとなる型紙のコピーは保存しているので
また機会があったら作ってみたいなと思います。


ひーこより。

追記)2014.7.31
とーっても喜んでもらえました。「すごいすごい」と何度も言ってもらえました。
そしてリクエストももらいました。「次はパンダがいい」そうで。
表情とかは完全オリジナルになるけど、頑張ります!

それにしても、実際に赤ちゃんが付けてくれると
感動しますね。めっちゃくちゃ可愛かったです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
↑上手に作れて一安心です。応援ポチよろしくお願いします!


追伸)googleで「こひつじ スタイ」で画像検索すると、この本で作成した作品がいっぱいヒットします。
いろんな表情が見れて楽しい!



↓市販のものも可愛い~
やっぱり私は、「○○模様」とかよりも、モロその形ものが好き。




関連記事
【2014/07/29】 ■ソーイング 小物 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ひーこ

Author:ひーこ
1980年生まれの松坂世代。

ひとたび笑いのスイッチが入ったら、箸が転がるどころかハトの歩く姿にさえ笑いを堪えることができない、おめでたい性格。

普段はしがない会社員で、2013年から実家暮らしを満喫中。

ブログ内検索
当ブログの画像一覧
当ブログの記事ランキング
フリーエリア
ブログパーツ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。