* ひーこさんの毎日 *

裁縫に製菓にガーデニング・・・。今日も何かに夢中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

断捨離はじめました

先日、部屋の模様替えをした時に
(その時の記事はこちら→「暑いので部屋を模様替え」
低い生活っていいなと思いました。

これからの季節は、窓を全開にして過ごすことも多くなるので
床に座る生活に出来ればもっと心地よくなりそうです。

現在はこんな感じです。
th_photo-5.jpg


自分の部屋のテイストが統一されていないので
片付けて模様替えまでしたのに、なんかイマイチです。

自分がどんな部屋にしたいのか
どんな部屋が好きなのか
まずはそのあたりから研究しようと思いました。

googleで「部屋 インテリア 心地いい」などのWordで検索をかけてみて
いいなと思った部屋の画像をストックしてみました。

現在の部屋の広さや構造は考慮せず
「好き」というだけで集めたのですが、例えばこんな感じです。
※画像お借りしました。

①窓が広くて景色がキレイな部屋
XB1fPrPZjKvpbYK_9EGla_36 (コピー)

img_3 (コピー)

②白をメインに、明るい木が優しい雰囲気の部屋
as009 (コピー)

117_ext_01_0_L (コピー)

③屋根裏っぽい斜めで低い天井の部屋
シンプルなロフトのベッドルーム (コピー)

④ナチュラルテイストの低い家具で全体的に物が少ない部屋
キャプチャ (コピー)

normal (コピー)



こうやってみて、自分の好みが
・ナチュラルテイスト
・窓の解放感
・低い
・物が少ない

という事に気付きました。

私の部屋の場合、一番場所を取っているのは
パイプベッドです。
th_photo 1_2

いっその事、ベッドを撤去して布団を上げ下げする生活もいいなと思ったのですが
このベッドの下には薄型の衣装ケースが4箱も収納されています。

まずはこの衣装ケースを無くさない事には
ベッドを撤去する意味がありません。

そこで、この4つの衣装ケースを空っぽにすべく
断捨離をやってみることにしました。

本格的な片付けは、こんまりさんの
「人生がときめく片付けの魔法」を読んで以来です。



ちなみに、以前はかなり物が多くて散らかし放題だった私ですが
こんまりさんの本を読んで
「一気に、短期に、完璧に」を実践したところ
すっかり片付け癖がついて、以前のようなゴチャゴチャ部屋からは脱出できました。


さて断捨離ですが、以下のものを捨てることにしました。
どれもほとんど使う機会がなく、単なる「思い出の品」かなんとなく捨てられなかったものたちです。
photo 3 (コピー)

中身を紛失してケースだけになったDVDセットや
あんまり使っていない化粧品
コードを無くして充電できなくなったデジカメ・・・

そんなものばかりです。


一方で、これらのものはリサイクルショップに持って行ってみることにしました。
photo 1 (コピー)

一度しか着る機会のなかったラズベリー色のカクテルドレス
ヘアバンド2つ
チャイナっぽいミニバッグ
数年前に使っていた携帯電話
香水
腕時計


車で片道20分ほどかけて、早速リサイクルショップに行きました。
道中、「ガソリン代にもならないかも」と心配になりました。

が、結局本は640円、
それ以外は2,250円、
トータルで2,890円にもなりました。

携帯は初期化するのも面倒でそのまま持って行ったのですが
シムカードは返却してもらえたので、個人情報についても安心です。


金額の大部分を占めたのは、ミシェル・クランの腕時計で、2,100円になりました。
こんなこともあろうかと、箱や説明書、値札まで一式全部揃えておいたのが良かったかもしれません。

でも今後は、「売却することを考えて箱を取っておく」
のではなく、
「ずっと大切に使う」という気持ちで買い物をしようと思います。

空き箱だって、取っておくと結構場所取りますからね。

頂いたお金は、帰りに何か食べ物でも買って帰ろうと思っていたのですが
思ったより多かったので溜めておこうと思います。

そうそう。結局荷物は衣装ケース1箱分すら減らせませんでした。
今後もまだまだ捨てていこうと思います。


ひーこより。

↓受け取った2,890円とシムカード。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
↑ランキングに参加しています。応援ポチお願いします!
関連記事
【2014/07/15】 ■部屋&DIY 片付け | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ひーこ

Author:ひーこ
1980年生まれの松坂世代。

ひとたび笑いのスイッチが入ったら、箸が転がるどころかハトの歩く姿にさえ笑いを堪えることができない、おめでたい性格。

普段はしがない会社員で、2013年から実家暮らしを満喫中。

ブログ内検索
当ブログの画像一覧
当ブログの記事ランキング
フリーエリア
ブログパーツ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。