* ひーこさんの毎日 *

裁縫に製菓にガーデニング・・・。今日も何かに夢中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

手土産に「失敗しないシュークリーム」

実家に叔母が遊びに来ていたので、帰りに渡そうと思ってシュークリームを焼きました。

DSC_0305 (コピー)




使ったのはまたしても、私の中で「失敗しない!」という鉄板のこちらのレシピです。
※前回の記事はこちら→「失敗しないシュークリーム」

Cpicon 簡単♪サクッなシュークリーム生地♪ by *Riamam*


まずは生地作り。
温度や練り具合に注意しながら、とろっとした生地に仕上げていきます。

DSC_0253 (コピー)


一見カスタードクリームみたいに見えますが、こちらは生地です。


そして、大き目のグラスに絞り袋をセットして

DSC_0257 (コピー)


粗熱を取った生地を入れて

DSC_0259 (コピー)

先端をカットして鉄板に絞っていきます。

DSC_0260 (コピー)

なるべくこんもりと、高さが出るように。
※レシピにあった爪楊枝で模様を入れる行程と、霧吹きをする工程は省略しました><

DSC_0262 (コピー)



そしてオーブンへ!

DSC_0265 (コピー)


わずか10分程度でこんなに膨らみます。
この後も引き続きレシピ通りじっくりと焼いて行きます。

DSC_0269 (コピー)


それにしても、本当にこちらのレシピは失敗知らず!
今まで膨らまなかったことが一度もありません。


生地を焼いている間に、カスタードクリーム作り。

レシピはこちら。 ※倍量で作りましたが、3倍くらいが良かったかも。
Cpicon 簡単なめらかカスタードクリーム③ by yu_yu39


DSC_0272 (コピー)

牛乳をたっぷり入れるので、最初はかなりさらさらした液体感の強い状態です。

DSC_0273 (コピー)


でもすぐにとろとろになってくるので、手を止めずにかき混ぜ続けます。

DSC_0275 (コピー)

生地の画像とすごく良く似ていますが、こちらはカスタードクリームです。
今回、ちょっと火を通しすぎてやや固めの仕上がりになってしまいました。


そうこうしているうちに生地が焼きあがりました。
とても大きく膨らみました。

DSC_0277 (コピー)



before
DSC_0262 (コピー)

 ↓

after
DSC_0277 (コピー)





今度はこんな絞り金を使ってシューにクリームを入れていきます。

DSC_0279 (コピー)



クリームを均等に入れたいので、まず重さを測ることにしました。
グラスに絞り袋をセットした状態で、一度はかりを「0」にセットしてクリームを入れていきます。

DSC_0281 (コピー)




クリームの重さは536gでした。
シューは全部で13個あるので、1個あたりだいたい40gずつクリームを注入していきます。

DSC_0282 (コピー)


はかりをキレイにして、シューを乗せて目盛りを「0」にします。

DSC_0284 (コピー)

クリームを注入して
(実際は手に持って作業しました)

DSC_0285 (コピー)

40gになったことを確認。
それを延々13個分。

DSC_0287 (コピー)


完成!
こちらは見た目が特にキレイな1軍選手。手土産用です。

DSC_0288 (コピー)


そしてこちらが、やや残念な2軍選手。家族で食べる用です。

DSC_0289 (コピー)


ダイソーで買った底マチ付の袋にひとつずつラッピング。

DSC_0290 (コピー)

DSC_0300 (コピー)

DSC_0305 (コピー)

DSC_0306 (コピー)





このレシピ、個人的にはこうやってクリームを詰めた状態でビニールなどで包んでしばらく置いた方が好きです。
シューがクリームの水分を吸って、ちょっとふわっとしっとりになる感じです。

ちょうどコンビニとかで売ってるシュークリームみたいな、ふしゅっとした生地がとても美味しい。

なので、半日以上この状態で置いてからが食べごろです。


そう思って、しばらくたってから味見したのですが
思っていた以上にクリームが少なくて><

なので、その後慌てて生クリームを買い足して
ラッピングを一度外して再度生クリームを詰めましたという経緯があります^^;

今度作るときは3倍~3.5倍くらいでもいいかもしれません。
それか、敢えて今回のように2倍に留めて、生クリームとのハーフ&ハーフにするとか。
もしくはハーフ&ハーフじゃなくて、生クリームをカスタードに練り込んだミックスクリームでも美味しそう。


それにしても、今回もとってもキレイに出来ました。
叔母にもとても喜んでもらえたので私も嬉しいです。


生地をもっと小さく絞ってプチシューにすると
大人数が集まるイベントごとなどでも便利だし
3_201509281322191da.jpg
※画像お借りしました


クロカンブッシュのように盛り付けても豪華ですよね。
01_b.jpg
※画像お借りしました








最後まで読んで下さりありがとうございました。
応援のポチよろしくお願いします。↓↓

にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
スポンサーサイト
【2015/09/28】 ■料理 スイーツ | TB(0) | CM(0)

母の誕生日にチョコレートフルーツケーキ

先日、母の誕生日に家族や親戚でパーティーをしました。

誕生日ケーキを張り切って手作りしたのですが、それが自分で言うのもなんですがすっごく美味しくできて♪
特にスポンジが本当に美味しかった。

家族やお祝いに駆け付けた親戚からも大好評でした。


DSC_0183 (コピー)



レシピは、クックパッドで絶賛されているこちら↓
Cpicon ◆しっとり・ふわふわ*チョコスポンジ◆ by まれ子


私、ケーキを作るにあたってスポンジには並々ならぬ(オーバー?)こだわりがありまして。
特にHARBSのケーキが好きなので、以前にも「HARBSのメロンケーキを夢見て」の記事でこのように↓書いた通りです。

------------------------------------------------
自宅でスポンジを焼く時、お店のケーキと決定的に違うのは
ずばりクリームとの一体感!

やわらかいクリームと同じくらいの繊細さで
フォークを入れた時に上から下まですっと切り取れる。
それくらいが理想です。

でもお家スポンジは往々にして、フォークを入れた途端
スポンジの弾力で上に乗せたフルーツが雪崩のように崩れ落ちてしまうのです。

これは、私の研究によればスポンジのふわふわ加減はあまり関係ありません。
どんなに泡立てても、どんなにふくらんでも一体化はしないのです。

一体化に欠かせない要素、それは「しっとり感」です。

そのためには、シロップを塗る行程は外せません。
そして後述しますが、クリームを塗った後に寝かせることも大事な要素です。
------------------------------------------------

本当にスポンジのほろっと崩れる感って言うんですか? お店で食べるあの繊細な感じってすごく大事だと思うんです。


今回作ったこちらのスポンジが、その点でもとにかく完璧で!
本当に理想的な素晴らしいスポンジでした。

そしてHARBSのように、生クリームはとにかく甘さ控えめ。
スポンジが結構甘い上にシロップも打っているので甘さはこれで充分。
これ以上クリームで甘さを出すと、却ってフルーツの甘さが目立たなくなって酸味が前面に出てしまう気がするのです。

ここではフルーツの甘みを楽しみたいので、とにかくクリームはわき役に徹してもらいました。
生クリーム1パックに対して、お砂糖は小さじ1くらいかな。「甘くなくはない」くらいの加減です。

DSC_0174 (コピー)


今回は21㎝型で作りました。(画像は1/4サイズで、2~3人分です)
高さを出したかったので、スポンジは3段にスライスして、間には生クリームとバナナをたっぷり挟んでみました。

バナナのねっとりとした甘さも本当に美味しいですよね。
チョコレートにはやっぱりバナナです。

今回、バナナは上にはデコレーションせず、間に挟んだだけなのですが
それでも4本使っています。厚めに輪切りにしてなるべくすき間ができないように敷き詰めました。

DSC_0190 (コピー)


生クリームもたっぷり贅沢に使っていて、間に挟んだ分、側面の分、表面のデコレーションの分合わせて、2.5パックも使っています。

相変わらずフルーツのデコレーションセンスがなさすぎて、手作り感満載。
どうやったらお店みたいな感じになるのでしょうか。。。

デコレーションに使ったフルーツは、いちご、オレンジ、キウイ、巨峰の4種類。
それにサンドしてあるバナナで、全部で5種類のフルーツを使いました。

生クリームとスポンジを一体化させるために、スポンジは前日に作ってバナナのサンドと表面のナッペをして一晩冷蔵庫で冷やしておきました。

このサンドした状態で時間を置くのが本当に重要。
スポンジに生クリームをサンドしてすぐにカットすると、どうしてもクリームでスポンジがすべってしまって崩れるんです。上手くクリームの水分をスポンジに移すのも、お店っぽさを出すには大事かなと思っています。

ただ、そのまま冷蔵庫に入れると表面のクリームが乾燥していくので、乾燥を防ぐためにケーキカバー等で密閉していく必要がありますが、私は持っていないのでアルミホイルでケーキに触れないようにお皿ごとぐるっとカバーをして冷蔵庫に入れました。


それにしてもこのスポンジ、本当にとても美味しかったです。
またぜひ作りたいと思います。

DSC_0177 (コピー)





ポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
【2015/09/24】 ■料理 スイーツ | TB(0) | CM(0)

最近欲しいと思う料理アイテム

このブログは私の趣味を記録することが目的なのですが、今回の記事はちょっと脱線して最近とても欲しいと思っている料理アイテムがいくつかあるのでそれをご紹介したいなと思います。

欲しいのですが、私は今あまり余裕がないのでなかなか手が出せません。
なので、あくまでも買うならこういうのが良いな~という妄想です。

でもいつかゆとりが出たら手に入れたいと思うものばかりなので
その備忘録のためにブログに残しておこうと思います。

ぜひぜひお付き合いください。



まずはこちら。
薄いガラスのボトルに、コロンとしたコルクの栓がついたキャニスター。



    


可愛すぎます。
お茶の葉っぱや出汁用の昆布、小さいものには煎りゴマなんかを入れてキッチンに置きたいなと思っています。

実はこれ、私が大好きなyoutubeの「Peaceful Cuisine」で使われていたものなんです。
あまりの可愛さに一目ぼれして、同じ物がないか楽天で色々なキーワードを入れて探しに探してようやく見つけました。

その動画がこちら↓
映像の美しさが際立っていて、見ているだけでもとても楽しいのでオススメです。
りょうやさんというビーガン(菜食主義?)の方が、様々なお料理を紹介しています。




こちらの「Peaceful Cuisine」で使われてる道具はどれも可愛くて、他にも欲しくなるアイテムが盛りだくさんなんです。
ずらっと一気に紹介しますね。


同じく先ほどの動画の中で使っている、丸氷が作れるこちらの商品。



丸氷を作るアイテムって例えば100均にも売ってますよね。
私も使ったことありますが、咬み合わせの部分がどうしてもちょっと水がはみ出してしまって氷が上手く真ん丸にならないんです。これはシリコンっぽいもの(熱可塑性エラストマーというものらしいです)が使われているので、より密閉度も高そうだし、キレイに真ん丸な氷が出来そうな気がします。



CO2のカプセルを装着して、簡単にホイップが作れる「エスプーマ」


全く同じ物じゃないかもしれませんが、使い方はこちらの動画が参考になります。






計量スプーン。
こちらはメーカーがちょっと違うようですが(動画では海外で購入したもので日本で同じ物は見たことないとおっしゃってました)、一番似てるかなと思います。



この形の計量スプーンは、もうひとつ私の好きなyoutubeの「お弁当中」という番組のにぎりっ娘さんも似たようなものを使っています。
動画はこちら↓



おしゃれだし、その上きっと使いやすいんだろうなと思います。


タニタのキッチンスケール。
これも同じ物は探せなかったので類似品です。
でも精度が高そうでしっかりしていそうで素敵。





これ以降は、上記の動画や色々なブログを参考にしつつ、私の好みでチョイスしたものたちです。


ブレンダー

野菜をたっぷり使ったポタージュを作るのが好きなので、一人暮らしになってもブレンダーは欠かせません。








まな板。
絶対に木のものがいいなと思っています。お手入れ大変そうですけどね(笑)









ステンレスがカッコいいポット。





真四角で無駄のないウォーターボトル。




オイルボトル。
私はトーストにはバターやジャムではなく、オリーブオイルとワインビネガーバルサミコ派です。 (←間違えました・・・)
だから、こういうボトルにオリーブオイルとワインビネガーバルサミコを入れておけばかわいいなと思って。




余談ですが、オリーブオイルは便秘やダイエットにも良いそうですよ。
バターやマーガリンより健康的そうだなと思って、私はもうずっとトーストにはこの組み合わせです。


ウォーターカラフェ。




木の蓋の保存容器。




  


↑に入れるのに良さそうな木のスプーン。








思いのほか長くなってしまいました。
まだまだ欲しいものはいっぱいチェックしているのですが、今回はこの辺にしておこうと思います。











ポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

【2015/09/17】 ■料理 スイーツ | TB(0) | CM(0)

さつまいものモンブラン

スーパーに売ってる焼き芋が安かったということで、母がたくさん買ってきました。
そのまま食べても美味しくて好きなのですが、結構量があるので飽きそうだなと思って、アレンジスイーツを作ってみました。

焼き菓子にして生地に練り込んだりしても良さそうだし、生クリームに混ぜてケーキに塗ってもおいしそうだと思ったのですが、今回はモンブランにしてみました。

DSC_0132 (コピー)


下の生地は、いつものパウンドケーキ生地をアレンジして、バナナの代わりにリンゴを1コ使って、レモン汁を加えて少し酸味を出しています。

Cpicon ごろごろバナナと蜂蜜のパウンドケーキ by *らんらんらん*
※レシピの「バナナ、蜂蜜、シナモン」を「リンゴ1コ、レモン汁大さじ1」に変更しました。


そして上は、焼き芋を2本、皮をむいてつぶして裏ごししたものに、牛乳、バター、メープルシロップ、シナモンを入れてちょっとスパイシーに仕上げてみました。

DSC_0136 (コピー)


久しぶりにモンブラン用の絞り出し金具を使ったのですが、あんまり上手に出来ませんでしたTT

円を描くスピードが遅いのか、押し出す力が強すぎるのか、スーッとした感じではなくウネウネした仕上がりになってしまいました。練習が必要そうです。


上には無糖のココアパウダーを振っています。

リンゴとスイートポテトの組み合わせって美味しいですよね。
らぽっぽのポテトアップルパイなんか大好きです。

名称未設定

らぽっぽのHPはこちら→




今回のさつまいものモンブラン、母からは「素朴な味でとっても美味しい」と言ってもらえました。よかった。
ただ、下の生地がやっぱりパウンド生地だとちょっと固かったので、次回からはスポンジ生地ベースにしようかなと思います。
DSC_0137 (コピー)






↓ポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
【2015/09/07】 ■料理 スイーツ | TB(0) | CM(0)

一眼レフを自力で直してみることに

壊れてしまった古い一眼レフを持っています。

一眼レフというか、レンズが交換できないので正確にはネオ一眼です。
機種はFujifilmのFinepix S9000というものです。

IMG_2851 (コピー)


発売自体がだいぶ前のモデルなんですけど
先日とうとうオートフォーカスがダメになってしまって、完全にマニュアルでしかピントが合わなくなってしまいました。

手動で(マニュアルで)合わせられればいいのですが
撮った時にはキレイにピント合わせたつもりでも、パソコンに取り込んで大きな画面で見ると
結構ボケボケな事が多くて・・・(泣)

修理に出そうと思って、「カメラのキタ○ラ」に持って行ったところ
一応工場までは持って行ってくれたのですが、後日電話が入り

「修理な必要な部品がもう生産されていないので直せない」

みたいなことを言われてしまいました。

古いモデルはこういう不便があるんですね。

それでそのままの状態で手元に戻ってきたのですが
もはや手動で合わせるか(それでも合わないけど)、処分するか、くらいの選択肢しか残っておらず、長いこと放置されていました。


もはや放置するくらいなら、ダメになってもいいくらいの勢いで分解してみようと思い立ち、
ついに実行してみました!

そして、結論から言うと

ピント、合うようになりました!!!!



でもね、何をどうした、とかいうわけではなく、気が付いたら直っていたんです。
だから自分でも原因も直し方も今一つわかっておりません。


ということを前提に、分解の様子を一部ご紹介しようと思います。


まず、全体的に眺めてみてネジの場所を確認しました。
幸い特殊なネジではなく、普通のプラスのネジでした。

IMG_2852 (コピー) (コピー)


外から見える部分だけでなく、電池を入れるところやメモリカードを入れる部分も空けて、外せるネジを全部外してみました。
※極小のプラスドライバーはダイソーで買いました。

IMG_2855 (コピー)


とりあえず、無くさないように注意です。


そして、あまり力を入れすぎないように慎重に外してみました。
外しにくいところもあって、そこは無理せず諦めることに。

※バキっとか言ったら完全にアウトですものね。

IMG_2854 (コピー)


カメラの内部なんて始めてみました。
もちろん、構造なんて知らないし、機械に強いわけでもありません。


とりあえず、内部でもネジがあれば外してみて、分解できるところまで分解。
※心配なら、分解前に何枚かいろんな角度から写真を撮っておくと、後で組み立てる時安心です。

シャッターを押すボタンがバカになっていたので、ホコリを丁寧に掃除。
ただ、精密機械なので内部にホコリがないらないように細心の注意を払って作業を行いました。

シャッターボタン、ここまで分解できました。


IMG_2858 (コピー)


爪楊枝とティッシュペーパー、時には小さくカットしたメラミンスポンジなどを使って
可能な限り細部までホコリを取る。

IMG_2859 (コピー)

他の部分も、なるべくホコリを取ったり、拭いたり。



とりあえずやったのはこれくらいです。

修理というか、掃除?



そして組立なのですが、ここでミスが発覚!

先ほど外した極小のネジたち、実は微妙に長さが違っていたのです。
とりあえず、長さ別に並べて見るとこういう感じ。

左から

長い、中くらい、短い。

IMG_2856 (コピー)


もはや、どのネジがどのネジ穴のものか一切わかりません。
仕方ないので、ひとつひとつ付けたり外したりしながら、なんとか全部のネジをネジ穴に収めることができました。



というわけで、行った作業はこれだけです。

これで改めて電池を入れて撮影してみると、なぜかピントが合うようになったんです。
不思議ですね。


恐らく、部品の不良や故障ではなく、単に「汚れが溜まっていて誤作動が起こっていた」だけだったのかな、と。


今回、古いカメラだったしお店に出しても直せないと分かっていたので、本当に「最悪、元に戻らなくてもいい」という気持ちで分解してみました。

みなさんのお手元にもし不調な一眼レフがあったとしても、まずはお店やメーカーに持って行くことをお勧めします。どうしても直らない、しかももう使い物にならない(=処分するしかない)くらいになったら、こうやって内部を掃除してみるのもアリかなと思います。



こちらのカメラで撮影した写真や動画は、また改めて披露したいなと思います。



ちなみに、もし壊れたら次はNikonのD7000が欲しいなと思ってました。(ちょっと前のモデルですけど)

同じく動画が撮れるのですが、こちらはフルHD動画が撮影可能なのです。

※リンクが間違っていたので貼り直しました><(15.11)


私、動画を撮影するなら断然一眼派!
普通のビデオカメラで撮るよりも、もともとが静止画用なので映像がとってもキレイなんです。

しかも背景がボケるので良い感じのニュアンスになる。
コマ数を少なめに設定すると、映画っぽい雰囲気にも。


カメラも無事直ったことだし、久しぶりに撮影熱が高まってきました。








↓ポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ




プロフィール

ひーこ

Author:ひーこ
1980年生まれの松坂世代。

ひとたび笑いのスイッチが入ったら、箸が転がるどころかハトの歩く姿にさえ笑いを堪えることができない、おめでたい性格。

普段はしがない会社員で、2013年から実家暮らしを満喫中。

ブログ内検索
当ブログの画像一覧
当ブログの記事ランキング
フリーエリア
ブログパーツ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。