* ひーこさんの毎日 *

裁縫に製菓にガーデニング・・・。今日も何かに夢中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サラダ油でサクサク絞りだしクッキー

会社で仕事をしながら甘いものをつまむのが好きです。

だけど、頻繁にコンビニを利用していると散財してしまうので(!)
たまにお菓子を手作りして持参しています。

手元にある材料だけを使って
久しぶりに絞りだしクッキーを焼きました。

photo 4 (コピー)


作り方のベースは、こちら↓のレシピですが
かなりアレンジしていあるので、ほとんど別レシピ状態です。

Cpicon サクサク軽〜い絞り出しクッキー♪ by ♪pipi♪

私のアレンジは、まず材料を色々変更しています。

クックパッド上のレシピと比較すると・・・

薄力粉 100g → 60g + 片栗粉 40g
マーガリン 50g → サラダ油
粉砂糖 40g → グラニュー糖
卵 1/2個
バニラエッセンス 少々 → 割愛

卵の分量以外、すべてアレンジしてます。
バターやマーガリンは、パンをあまり食べない我が家では買う事は少ないので
大体いつもサラダ油で代用しています。

風味はバターには劣りますが、クッキーでもパウンドケーキでも意外とキレイに仕上がります。

薄力粉に片栗粉を足したのは、サクサク&ホロホロの食感にするためです。
ただ、気温などの影響で生地が緩すぎる場合は、少し薄力粉を追加して
絞りやすい固さまで調整しています。

そして、焼き時間も変えています。
レシピでは170度で13分、とあるのですが、我が家のオーブンだと少し焼き足りないので
さらに160度で7分、追加しています。

絞り出しの方法は、こちら↓のレシピの手順16以降がとっても参考になります。

Cpicon 絞り出しクッキー♪超簡単で可愛く♪ by ゆうチョコまま

絞って~。
余った分は隙間に並べて~。
photo 1 (コピー)

キレイに焼き上がりました。
※夜に焼いて、そのまま朝までオーブンで熱を取りました。
なので、これは朝撮影した画像です。

photo 2 (コピー)

絞った形もダレずに、キレイな形を保ってくれました。
photo 3 (コピー)

一部は会社に持っていく用で包んで、残りは家のおやつにします。
父が特に大好きで、いつも牛乳と一緒につまんでいます。
photo 5 (コピー)

上から見ると、バラっぽく見えるのが好きです。

お菓子を焼くと、家中に甘い香りが広がって
なんだか幸せな気分になります。

また抹茶やココアを使って、色違いを焼きたいと思っています。
そうそう。かぼちゃをペースト状にして練り込んでも美味しいですよ。

かぼちゃの水分量にも寄るのですが、私の場合は
ペースト状にしたものをだいたい70g加えて作っています。

ひーこより。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

↑ランキングに参加しています。1クリックで1票が加算される仕組みです。
お手数ですが、「読んだよ」の代わりにポチっとクリックお願いします。
最後まで読んでくださってありがとうございました!
スポンサーサイト
【2014/08/29】 ■料理 スイーツ | TB(0) | CM(0)

チュニックをぺプラムのトップスに

何年か前に、自分のワードローブを見直したことがありました。

気付けばいつも似たような物ばかり買っていたので
代わり映えしないのが悩みだったのです。

当時は、シンプルなデザインとモノトーンが好きで
あまりデザイン性のあるものはほとんど持っていませんでした。

そこである時、「私が絶対に買わなさそうな服を買う」
というテーマで買い物に出かけたのです。

そこで見つけたのが、このチュニック。
(もしかしたらワンピース)

IMG_8056 (コピー)

入り組んだ模様に加え、色もパープルを選択。
色違いでホワイトとブラックがあって
思わずそっちに手が伸びそうだったのを、敢えて「パープル」にしたのです。

買うまでもドキドキ。
買って家で広げても、「どうやって着よう。何と合わせればいいの・・・」
という感じでした。

でもこれ、使ってみると意外と何にでも合わせやすくて
下にはスリムめなパンツを合わせたり、上からカーディガンを羽織ったり
時には中から黒のタートルを合わせたりして、オールシーズン楽しめました。

ベレー帽とかファーのマフラーとかの小物とも相性良かったです。

ただ、ワンピースにしては短すぎ
チュニックにしては長すぎな微妙な丈が気になっていました。

ちょうど太ももの真ん中あたりくらいの丈です。

そこで、思い切って丈をカットしてぺプラム風のトップスにしよう!
と思い立ったのが、今から2年前のことです。

作ったのはこちら。
photo 1 (コピー)

裾のデザインが好きだったので、裾を上にあげる感じで短くしました。
だけどこれ、わかります? 広がりすぎる幅をどうにかしようと思って
横幅にゴムを通してあるんです・・・。

しかも当時は一人暮らしをしていて家にミシンがなかったので
すべて手縫い。

photo 1 (コピー) (2)

photo 2 (コピー) (2)

ゴムにしたので、ウエスト周りがすっきりせず
なんかごわつくのです。

横からの方が分かりやすいかも。
photo 2 (コピー)

バックスタイルはこんな感じ。
photo 3 (コピー)

微妙な仕上がりに満足できず、せっかく手縫いで縫ったのに
あの日以来完全にお蔵入り。

いつかミシンが使えるときが来たら、改めてリメイクしようと思っていたのに
すっかり存在を忘れ去られていました。

先日、久しぶりに目にしたので
今のうちにやっておこうと思ったのです。

出来上がったのはこちら。
photo 1 (コピー)

ぺプラムは、本来ならばサーキュラースカートのような構造
(プリーツやギャザーは寄せず、フレアのように裾が広がる感じ)
になるのですが、あいにく生地が足りないのでプリーツ仕立てにしました。

横幅の広がり問題はこれで一応解決です。

横からのシルエットもだいぶスッキリしました。
photo 2 (コピー)

バックスタイル。
photo 3 (コピー)

コーディネートするとこんな感じです。
photo 4 (コピー)

うーん。
胸の切り替えのデザインが、逆に浮いてしまって変かな。

もしかしたら、「リメイクしない方が良かった」パターンかもしれません・・・。

けどもうやっちゃったものはしょうがない。
前のゴムバージョンよりは使いやすくなったので、これから大事に着ていこうと思います。


ひーこより。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

おうちでヘアカラー(白髪染め)

都会的な洗練された女性と、なんとなく垢抜けきれてない女性。
その差は「髪の毛」に現れるんじゃないかと私は常日頃感じています。

女性を美しくする要素には色々あって
例えばそれは「メイクの上手さ」だったり「ファッションセンス」だったり「スタイル」だったりすると思うのですが、そうやって積み上げて来た「美」をいっぺんに台無しにするほど大きく影響するものが、「髪」だと思うのです。

例えばこんな女性がいたとします。

元々の顔立ちが良くて
スラリとスタイルも良くて
メイクもケバ過ぎずスッピン過ぎず
そして着ている物も「素敵」と思うようなもの。

でも、髪がバサバサとパサついてて、しかもカラーリングはプリン状態・・・。

ね? 台無しだと思いませんか?

逆に、髪が美しいと、それだけでかなりキレイだと思うのです。
たとえ服が全身ユニクロだって、顔がスッピンだって、
髪がつややかで美しければ、先ほどのほ人よりもよっぽど美しいと思います。

色は明るくても暗くても良いのですが、とにかく「ツヤ」が命だと思います。

そんな私もついに34歳になり、本格的に「中年」という年代に入ってきました。
加えて、私はたぶん同世代の中では白髪が多い方ではないかと思っています。

白髪(はくはつ)はまたそれでキレイなものだなと思うのですが
私くらいの微妙な年齢だと、ほとんど黒髪な中にたまに白髪がチラホラ、程度。

この見え隠れする感じが、本当に美しくないのです。

だからなるべく、「あ!白髪」と発見した時点で、すぐにカラーリングしたいのですが
そんなに頻繁にカラーリングするには、髪を傷めない工夫が必要です。
それに色むらになったら大変。

色を均一にしつつ、かつ髪を傷めないためには
できればプロに頼みたい。

けどそんなハイペースで美容室に通うほど
私のお財布事情は甘くはありません。

そこで、何回かに一回は美容室で染めるけど
なるべく自分でやろう、と決めました。

そこで、今日は私が愛用しているカラーリング剤を紹介したいと思います。

ちなみに、カラー前の状態はこんな感じです。
先ほどまでバレッタで留めていたので、少し癖がついています。
th_photo 2

髪の美しさが大事!とあれほど熱弁していた割には
大してキレイじゃなくて本当にすみません。
髪キレイ大作戦は、まだまだ模索中です。

色は真っ黒ではなく、少し明るくしています。
ほんの少しです。

室内で見るとほぼ黒。
太陽の下に出ると、少し茶色っぽい程度です。

この髪色で愛用しているのが、こちらの
ビゲンスピーディーカラーの4番。クリームタイプです。
th_photo 1



中身とかは今さら紹介するまでもないとは思うのですが
市販の白髪染めを買った事がない方や
まだ白髪染めの必要のない世代の方に向けて
少しでも参考になればと思うので紹介します。

th_photo 4

ビニール製の手袋は、説明書に貼り付いています。
コームは組み立て式。
それに、カラーリング剤を混ぜるトレー。
そしてカラーリング剤が2種類です。

現在の私の白髪具合ですが、
表面を見る限りはほとんどわかりません。

でも、ひとたびめくると結構多いのです。
こんな感じ。
生え際も少しプリン状態になってきました。危ない危ない。
th_photo 3

白髪は32歳くらいから出始めて、去年くらいから増えてきました。
元々若白髪とかは一切なく、白髪で悩むのは相当先だなと思っていたのですが
計算とは違っていました。

それでも髪をめくらなければ目立たない程度です。
その代わりアップとか編み込みとかは出来ません。

まだまだヘアアレンジも楽しみたいので
やっぱり白髪染めは必要です。

今回は、伸びて来たところだけを染めました。
前回美容院で染めたのが5月下旬だったので
約3ヶ月放置した状態です。

塗り方は基本的に説明書の通りで、放置時間とかも説明書を厳守しています。
ただ塗り始めだけは一番目立つ場所から、と決めています。

私の場合はこめかみあたり。

一番目立つ場所を塗って、コームで色んな方向に梳かします。
一方向じゃなくて色んな方向に梳かすのが染め残しを防ぐコツのような気がします。

そしたら次は下から髪を搔き上げるようにして
順に塗って行くだけです。

塗る時間は10分、放置時間も10分なので
オーバーしないように、時計を見つつ手際良く塗ります。

都度、色んな方向に梳かしながら。

塗り終わったら、手で頭にぴったりと撫で付けます。
空気を抜く感じ。

これも自分流なのですが、色むらがなくなるような気がします。

後は、時間通り放置した後で
説明書の通り良くすすいで、シャンプー2回とトリートメントをすれば終了です。

乾かした状態がこちら。
th_photo 1_2

パサつきやゴワつきもなく、しっとりです。

めくるとこんな感じ。
th_photo 2_2

白髪もキレイに染まってくれて、プリン状態も解消されました。

これでセルフ白髪染めは終了です。


ちなみに私のシャンプーはパンテーンです。
もうずっとこれです。



いろんなバージョンがありますが、「エクストラダメージケア」一筋です。

色々試しましたが、私の髪に一番ツヤ感が出るのがパンテーンなのです。

そうそう。白髪染めの放置時間は本当に厳守してくださいね。
かつて私も心配で放置時間を倍くらいにしたことがありますが
あんまり長くやると、後でそこだけカラーリングが上手く出来なくなります。

白髪染めじゃなくて、普通のカラーリング。

たまに少し明るめにしたいな、とかもう少し黄色っぽくしたいなとか
ありますよね。

そういう時に、放置時間が長すぎた髪は
色が全く入らなくなるのです。

一生同じ色!って決めてるなら別かもしれませんが
そういう人はあまりいないと思うので、放置時間の厳守は結構大事です。


ひーこより。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
↑もっともっとツヤツヤになるように頑張ります。応援ポチよろしくお願いします!

【2014/08/25】 ■美容 ヘアケア | TB(0) | CM(0)

以前作ったブラウスをリメイク

昨日、少しショックなことがありました。

仕事から帰って、着替えて晩御飯の支度をしていた時のことです。
不意に訪問販売の営業マンが訪れました。

こういう対応って正直めんどくさいので、普段は滅多なことではドアは開けません。

それなのに昨日は、うっかりドアを開けて対応してしまいました。
すると、そこには見た感じ同い年くらい(30代中頃)の男性。
なんでも、家のリフォームを案内しているのだとか。

で、多分私の見た目から「家のリフォームの決定権のない人」だと判断したのでしょう。
こんな事を聞かれました。

「えっと・・・、この家の所有者はご主人様ですか?」

・・・ご主人?????
あぁ私が「結婚している」という前提なのですね。

「いえ、父ですが」と答えると

「あぁ、下の階にお住まいなんですか?」

※うちは戸建てですが、将来二世帯住宅に出来るような構造になっています。

え? 父の住んでいる場所まで聞く必要あるの?
っていうか、あくまで私は結婚してる前提なのね。

ちょっと気分を害しましたが、一応対応。

「いえ、ここにいますけど?」

その時点ではじめて、「あっ!」みたいな顔をされました。
世の中にはこの年でも独身で実家住まいの人がいるんだー、的な感じ。

完全なる被害妄想なのでしょうが、なーんか嫌な感じでした。

後ろめたさのある34歳、独身実家暮らし女。
色んなことに敏感なのです。

そんなことより。

2ヵ月ほど前に、はじめて市販(というか無料ダウンロード)の型紙を使って制作した
「斜めリボンのドレープブラウス」。

その時の記事はこちら→「斜めリボンドレープブラウス」


完成品はこんな感じでした。
DSCF3200 (コピー)

見本はもっと可愛い感じだったのに、
私が作るとなんだかとてもぶかっとしていて、微妙なライン。

もはやあまり着ることもなく、すっかりタンスの肥やしと化していました。

でも先日久しぶりに着てみると、やっぱり胸元のリボンが可愛い。
シルエットさえもう少しスッキリできれば、出番が増えるのになーと思いました。

そこで、思い切ってシルエットを変更するリメイクをしました!

出来上がりはこちら。
photo 1 (コピー)


色々迷ったのですが、身頃とひと続きだったラグラン袖を変更して
改めて袖をつけることにしたのです。

使用している生地はコットンのオックスフォードなのですが
両端に別の刺繍がされていました。

片側はこんな感じ。
DSCF3203 (コピー)

反対側が、今回袖になった部分です。

本当はシンプルな方のデザインが好きだったのですが
もうその部分は生地が遺っていなかったので、刺繍が豪華な方を使う事にしました。

なんだか、リボンよりも袖の方が目立つ感じになったような・・・?

でもシルエットはずいぶんスッキリしました。

脇の縫製も少し変えて
縫い代を後ろに畳んでステッチを掛けてみました。

より既製品っぽく見えるかなーと。
photo 2 (コピー)


袖が豪華になったので全体のテイストが一層ガーリーになってしまい
コーディネートが難しいです。

一番しっくりきたのが、シンプルな白のパンツ。
photo 4 (コピー)

フレアのスカートを合わせても悪くない感じでしたが
私には少しラブリーすぎるかなぁと思っています。

袖の刺繍は、シンプルな方がやっぱり好きです。
もしまだお店に生地が残っていたら、再リメイクに挑戦したいと思います。

あっ!でもこの生地、汗をかくととっても目立ちます。
そこは失敗でした。

水色がNGなのかな?
今度夏物を縫う時は、この生地は避けなければと思っています。

ちなみに、私の住まいは地方のド田舎なので
手芸店に行っても生地の品ぞろえがあんまり豊富ではありません。

楽天などを見ていると、いろんな生地がたくさんあって
買ってみたいなぁと思うのですが、
何せ知識がないので、素材の表示を見てもイマイチ質感がわからないので手が出せないでいます。

ハンドメイドが好きな方のブログを見ていると
結構ネットを利用している方が多いのですが
みなさんどういう基準で選んでいるのでしょうか?

説明書きを読んで、大体の質感とかが把握できるから買うのかな?
それとも、意外と「とりあえず買ってみよう!」という感じなのでしょうか?

オススメのお店とかあるのかな?

私もネットを利用してみたいな。


ひーこより。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
↑応援ポチよろしくお願いします!

【追記】IKEAのシーツで大型円形クッションカバー

8.20追記)文末に完成写真追加しました。

えー。少し更新が空いてしまいました。
この間、一体何をしていたかと言うと、

「もしや、何か大作の制作でも?」

いやいや。

「では、何か壮大な構想でも?」

いやいや。


風邪を引いて寝込んでおりました。


社交性がなく、ほとんど外界との交流を断っているような生活をしている私でも
風邪は引く。うーん。なんか残念な感じです。

今回の風邪は、とにかく喉が痛い!
まるで大きなイガイガの栗をそのまま丸のみして
そして喉元で引っかかってしまったかのごとく
ものすごく喉が痛いのです。

食べ物?
ひゃー。無理ー。

飲み物?
水でも沁みるー。

せき?
刺激倍増ー。しかもなんだか血の味がするー。

と言う感じで、熱が出るよりよっぽど辛い3日間を過ごしておりました。
まだ全快ではないですが、ほぼほぼ回復した感じです。

さておき。

先日購入したこちらの一人掛けソファ。
相変わらず、とても気に入っています。

わざと膝を曲げて縮こまって座るのが好きです。
なんか、「巣」にこもる小動物にでもなったような気分です。

20140728103230102_20140819123002632.jpg

類似商品↓




この椅子、白いカバーを掛けて使っているのですが
実は、カバーというほどのものでもなく
単にシーツでくるんでるだけの代物なのです。

画像でもバレちゃうかな。

使っているのは、こちらのIKEAのボックスシーツ。


これまで現役で頑張っていたんですが
このたび低い生活をするにあたって、ベッドを撤去しました。

なのでこのシーツ、必要なくなったのです。

それでソファのクッションに被せていたのですが
若干幅が足りない。

画像には写っていませんが、向こう側が
実はちょっとクッションが剥き出しになっているのです。
20140728103230102_20140819123002632.jpg

元々このシーツで丸いカバーを作るつもりだったのに
幅が足りないことにはどうしようもない。

他に代わる布もない。

どーしよーか考えた結果、完全に覆うのではなくて
表面だけ覆うことにしました。

図解します。

ボックスシーツはこんな風になっています。
四隅は縫われていて、立体的な形です。
01 (コピー)


とりあえずこれを平面にするために
四隅の縫い目をカットしました。
03 (コピー)

開くとこういう形です。
04 (コピー)


この状態で最大の円を取るとなると
横幅いっぱいを直径とすることになります。
05 (コピー)

が、先にクッションをシーツを包んでみた限り
この横幅ではクッション幅には足りません。

そこで、こうやって横幅を追加してみることにしました。
※ちょっと尺度が正確ではありませんが・・・
07 (コピー)

そうしてなるべく正方形に近い形になったところで
08 (コピー)

折って
09 (コピー)

折って
10 (コピー)

折って
11 (コピー)

正確な円に近付けるためには
なるべく折る回数を増やした方がいいです。

折れるところまで折ったら
端のギリギリのところに、弧を描くようにハサミを入れます。
12 (コピー)


広げて、端をゴムが通せる幅で3つ折りして縫います。
13 (コピー)

ここにゴムを通せば完成!なのです。
2014081409463756b_20140819123000378.jpg


肝心の裏側の画像、撮り忘れました。
でもちょっと見えにくいけど、この画像でも手前の方に継ぎ足した部分の
縫い目が見えますね。

巻いただけのとき↓よりもキレイにフィットしているようなので
作ってよかったです。
20140728103230102_20140819123002632.jpg


追記)
―――(ここから)―――
裏側はこんな感じです。
photo 1 (コピー)

表のフィット感はこんな感じ。
クッションが肉厚なので、バフっと体が埋まるのが気持ち良いのです。
photo 2 (コピー)
―――(ここまで)―――


そうそう。小学生の頃(中学生?)に習った
円周を求める公式。「半径×半径×3.14」が、はじめて実生活で役に立ちました。

通すゴムが手元になく、買いに行くことになったのですが
何も測らずに行ってしまったのです。

切り取った円の半径が86cmだったことだけは覚えていたので
その場でスマホの計算機で計算して、必要なゴム量を算出しました。

微分積分はさすがに実生活で使う事はなさそうですが
小・中くらいで習う公式は、一生のうちで一度くらい役に立つことがありそうです。
そんな気がするだけでも、少し救われた気がした出来事でした。


ひーこより。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

↑応援ポチよろしくおねがいします!
【2014/08/19】 ■ソーイング 小物 | TB(0) | CM(0)

ナンバープレートの「ひらがな」研究

私は色々なことを知りたい、という好奇心がとても強くて
勝手に「ひとり自由研究」をして楽しんでいます。

いい大人が何を・・・という感じですが、
やはり「知る」というのはとても楽しいことだと思います。

ここで最近の研究の成果を紹介したいと思います。
テーマは『ナンバープレートのひらがなについて』。

「ひらがな」とは、もちろんこの部分の事です↓
Japanese_green_on_white_license_plate.jpg
※画像お借りしました。


そもそもなんでこんな事を研究しているのかと言うと、
きっかけは今から遡ること、約25年ほど前のこと。

当時まだ小学生だった私は、ショッピングセンターの駐車場に停まっている車を見て、
そのナンバープレートのひらがなが、もしかしたら自分の名前の通りに並んでるかもしれない
と思ったのが最初でした。

例えば、名前が「たしろまみ」だとすると、
駐車場の車が左から順に「た・し・ろ・ま・み」になってるか、ということです。

一度そう思ったら最後、「た」を発見したら、その右隣が「し」かもしれないと思って
反射的に確認するような癖がついたのです。

まぁ、今まで名字だけですら一度も揃ったことはありませんが。

そんなことを考えているうちに、「そもそも、自分の名前がすべてナンバープレートになっているのか」
が気になるようになってきました。

もしかしたら、「ま」はナンパ―プレートに使われていないとか、
そういう事があるかもしれないと思ったのです。

先日、友人を車に乗せてドライブしている時に
ふとその話をしました。

そしたら、「じゃあ調べてみよう!」という事になったのです。

その場で手元にあった紙と鉛筆で五十音表を作り
発見したひらがなは丸で囲む、という方法で調査が始まりました。

それがつい先月の事。

約25年も気になっていた割には、主体的に行動したのはこの時がはじめてでした。

やり始めるとこれが思いのほか大興奮で

「あー!今『も』があった!『も』!」みたいな感じでふたりで大ハッスル。

五十音表は結構なスピードで丸で埋まっていき
意外といろんなひらがな使われてるんだ、ということが分かりました。

その後、一人で車を運転している時も
そのメモを傍らに置いて、ひらがなチェックに余念のない日々を過ごしてきました。

そこで気付いたのは、「頻出ひらがな」と「レアひらがな」があるということ。

「頻出ひらがな」は、以下のような感じです。
あ、き、さ、せ、た、ち、て、め・・・

特に「た行」はかなり多い!

そしてタクシーは圧倒的に「あ」が多い!

逆に「レアひらがな」には、以下のようなものがあります。
え、け、む、る・・・

※土地柄もあるかもですが。


そして約1ヵ月ほど経過しましたが、やっぱりあります。
どーしても出てこないひらがなが。

それが、以下の6つ。
お、し、へ、れ、を、ん

「し」はもしかしたら「死」を連想させるからNGとか
「を」は文字が複雑すぎるからNGとか
「ん」はしりとり的にもNGだし、それで?

とか、自分なりに何かしら理由を考えてみつつ
それでも諦めずに探していました。

そもそもナンバープレートに使われていないという事も考えられますが
もしかすると、とんでもない「超レアひらがな」な可能性もあります。

私の中で、「調べる」ということは「調査終了」を意味します。
要するに諦めるということ。

そう思うと、調べるのも踏ん切りがつかず、
ひとり「超レア(と思われる)ひらがな」捜索を続けていました。

が、本当に出ない!
全然出ない!

やっぱり、そもそもこの6つはナンバープレートに使われていないかも。
それに今は夏休み!自由研究の成果を出すなら夏休み中にしたい!
と無理やりな言い訳をつくって、ついに調べてみることにしました。

そしたら、ついに解決しました!!
やっぱり使われていないひらがなはあるのです。

それぞれの「使われていない理由」がこちら。
お・・・似た字形の「あ」「す」「む」との読み誤りを避けるため
し・・・「死」を連想させる
へ・・・「屁」を連想させる (←そんな理由!?)
ん・・・ほかのひらがなと比べ、発音がしづらい

その他にはこんなひらがなも。
「ゐ」「ゑ」・・・歴史的仮名遣いであり、「お」の代用に「を」を用いるほかは使用しない

てっきり、「ゐ」や「ゑ」はそもそも常用ひらがなではないから
使われているわけがないと思って、私は五十音表には書いてすらいませんでした。

※「常用ひらがな」という考え方はなく、敢えて言うなら「現代仮名遣い」が正解みたいです。
「ゐ」や「ゑ」は現代仮名遣いでは「い」や「え」と書きます。(wikipediaより

そして、「超レアひらがな」の存在もわかりました。(あくまで私調べ)
それが「を」と「れ」の二つ。

を・・・軽自動車、二輪車に使われる
れ・・・レンタカー(普通自動車、二輪車)、事業用(軽自動車、二輪車)に使われる

詳しくはこちら→「wikipedia『日本のナンバープレート』(ひらがな)」


これからは、超レアな「れ」と「を」探しに励みたいと思います。


ひーこより。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
↑こんなくだらない事にも熱中できる私に、応援ポチよろしくお願いします。

現在の部屋の様子

昨日、断捨離をしたという記事を書きました。
詳しくはこちら→「断捨離で気付く自分の価値観」

うっかりしていて断捨離後の部屋の写真を撮っていなかったのですが
無事撮影したので早速アップしたいと思います。

現在の部屋の様子はこんな感じです。

photo 1 (コピー)



beforeがこんな感じなので、かなりスッキリしました。
th_photo 1


大型家具はこの辺を処分しました。
201407061530124a1_20140814124245c4c.jpg

パイプベッド → 解体して使ってない部屋へ
    本棚 → 使っていない部屋へ
     机 → 解体して自分の部屋のデッドスペースへ
    イス → 使っていない部屋へ

こうやってみると、片付けたというよりも、単に別の部屋に移動させただけのような・・・?
いやいや、違うんです。

粗大ごみとして持って行ってもらうつもりなので
それまで一時的に置いているのです。
(粗大ごみ収集業者に連絡なければならないけど、なんだかめんどくさくてそのまま・・・)

机は、今ここにおいています。
photo 1 (コピー)

photo 2 (コピー)


部屋の壁が斜めなので、どうしても出来てしまうデッドスペースを
有効活用しているつもりです。

部屋の平面図など詳しくはこちら→「暑いので部屋を模様替え」

外したネジは、行方不明にならないようにビニールに入れて
ガムテープで机の裏側に貼ることにしました。


それぞれの棚は、本や書類をかなり処分して
今はこの状態です。

photo 3 (コピー)
一番上の段 → 裁縫箱と文房具
二番目の段 → ハンドメイド用の資料と、かごバッグ内に端切れ
三番目の段 → ヘアアクセサリー(左のかご)、メイク道具(右のかご)、ティッシュペーパー
四番目の段 → 書類

photo 4 (コピー)
一番上の段 → ハンドメイド用生地、端切れ
二番目の段 → 一眼レフ(ほとんど壊れている)
三番目の段 → 本(また読む本/実用書、フォトブック、文庫本)


photo 1 (コピー) (2)
一番上の段 → 本(料理本)
二番目の段 → 本(語学参考書、読まないけどとっておきたい本/実用書、文庫本、絵本)
三番目の段 → CD、VHS


こんな感じです。

今残っているものは、度重なる引っ越しや断捨離にも負けずに
「手元に残しておきたい」という想いが強いものばかり。

それでも、やっぱり何かを処分した後に見返すと
「やっぱりこれも要らないかな」という気持ちになってきます。

もしかしたら、また減らすかもしれません。

そして、少し前まではもう少し家具がありました。
photo 1 (コピー)
真ん中に写っているテーブルと、
左下の畳んだ布団です。

これらが今どうなっているかと言うと、
テーブルは足が畳めるので、必要ない時は畳んで壁に立てかけています。

最初のこの画像の右端に写っています。
photo 1 (コピー)

このテーブルは、私が愛用している大きな丸いイスとは
高さ的に相性があまり良くありません。
さらに、面積が大きすぎるので若干邪魔なのです。

もっと小さくて低い・・・こういう机(↓)が欲しいなぁと思っていますが
今は余裕がないので残念ですが買えません。


私は真円形タイプがいいなぁ。
買うなら「山桜・ライトブラウン」かな。
送料無料だし。あー欲しい。



レビューも良いし、こっちもいいなぁ。


そして布団はというと、これも元々は畳んで部屋の隅に置いていたのですが
これがいかんせん、通行に不便。
とっても勝手が悪くて思った以上に失敗でした。

なので、今は反則技として
部屋の外の階段手すりにかけています。
photo 4 (コピー) (2)

見苦しいし、なんとか良い収納方法を考えたいところ。
もう少し研究してみます。

先日ガラスのミニチュア動物をかなり処分したのですが
唯一残したものがあります。
それが、ペガサス。

そのペガサスをはじめ、スワロフスキーのピアノなど
飾る系のものは今これだけです。
photo 2 (コピー) (2)

白いマグカップは、花瓶として使っています。
バラが咲いている時期はこんな感じで活躍しています。
DSCF3161 (コピー)

ポルトガルのメーカーの「コスタ・ノバ」というマグカップで
ずっしり重くて、ぽってりした質感が花瓶にとても合うと思います。
本当にこの感じが好きで、気に入っています。



写真立てに入れているのは、ネックレスです。
私の記憶が確かなら(←どこかで聞いたこのセリフ)
このネックレスは私が生まれてはじめてもらったアクセサリーです。

確か5歳か6歳の頃に、父に買ってもらいました。
ミッキーのチャームが付いていて、長い間無くしたままでしたが
中学生くらいの時に見つけて、それ以来大切に取っておいているものです。

他には、シェル製のリーフ型のお皿に腕時計を載せたりしています。

そんな感じで、部屋は現在この状態です。
photo 1 (コピー)


余裕があれば、カーテンとかも総とっかえしたいところ。
まだまだ「心地いい部屋」探しを続けていきたいと思います。


ひーこより。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
↑応援よろしくお願いします!
【2014/08/14】 ■部屋&DIY 片付け | TB(0) | CM(0)

断捨離で気付く自分の価値観

私はいつも人よりも乗り遅れるのが遅い方で
今更ながら、絶賛「断捨離」実践中です。

はじめての断捨離の記事はこちら→「断捨離はじめました」

「断捨離」ではなく「片付け」に関しては、
昨年頃からこんまりさんのベストセラー本を読んで色々と整理整頓してきました。


「一気に、短期に、完璧に」は私の性分に合っていたようで
さっぱりと片付き、さらに物の定位置を事細かに決めたことが幸いして
本当に散らかることがなくなって、スッキリした部屋で過ごせるようになりました。

加えて、これまで私は引っ越しが多い生活をしていたので
引っ越しの度に荷物を見直したり、処分しているうちにかなり物が減りました。

引っ越しが頻繁だったので、物を買う時も次に控えている引っ越しを考えると
必然的に買い物には慎重になりました。

特に服については、「可愛い!」とテンションが上がっても次の瞬間に
「でもこれ、いつか処分することになるかも」と反射的に考える癖までつきました。

色々処分していると、自分の好みや買い物の癖が分かってきて
「こういうタイプは時間が経つと飽きる」とか
「買っても結局ほとんど着ない」とかが見えてきます。

私の場合で言うと、服を処分するか否かの基準は
デザイン云々よりも、素材の耐久性がかなり大きなポイントになることがわかりました。

例えデザインが良くても、値段が高かったとしても、「安っぽい生地」であれば
結構な確率で処分の対象になるのです。

生地がしっかりしているか、質が良いかどうかは
販売価格に比例しないことも珍しくありません。
高くても「安っぽい服」はたくさんあるし、逆に安いのにとても上質な服はいくらでもあります。
値段に振り回されないことも大切です。

デザインには流行もありますが、私は質さえ良ければ
流行を過ぎていても愛着を持って着れるタイプ。

そういうことが分かってくると、買う時の基準は
「質が良いかどうか」に集約されてくるのです。

洗濯を繰り返しても、いつまでもキレイな状態を保てるか
ヘビロテしても毛玉になったりクタっとなったりしないか。

そういうところを見て、服を買うようになりました。
他のものに対しても、これと同じように自分の中での基準がしっかりしてきて
これが片付けの効能だな、と実感しています。


それでも流行りの「断捨離」については
なかなか馴染めず、敬遠していました。

最近になって本を読んだりしているのですが、断捨離がなんなのかが少しずつ分かってくると
私がやっていることは断捨離そのものだったんだなぁと気付くことがたくさんありました。


断捨離に関する本は、目移りするほどたくさんありますが
色々な方のブログを拝見していて気になったのがこの1冊です。

【ガラクタ捨てれば自分が見える-風水整理術入門】
カレン・キングストン著




「風水」という言葉に一瞬たじろぎましたが、
まぁまずは読んでみようと思って図書館で借りてみました。

導入の部分が長すぎて、なかなか本題に入らないので
やきもきしながら読んだのですが、いくつか印象に残っている記述もあります。

ちょっと引用してみます。


-------------------------
あなたが好きなもの、使うもの、愛用しているものはそのまわりに強い快適なエネルギーを振りまいています。
家の中が好きなもの、良く利用されているもので満ちていると、あなたの人生に力強いサポートと養分を与えてくれるのです。人生にあまり意味のないもの、重要ではないものを処分することによって、あなたは体も、心もそして魂も軽くなることでしょう。
-------------------------

若干スピリチュアルが入っていて、苦手な人にはとことん苦手な考え方かもしれません。
それに、こういう内容は他の多くの片付け本、断捨離本にも書かれているので、とりわけ真新しい感じもしません。

それでも私はここを読んで、色々と腑に落ちたというか、「あぁ、じゃああれも処分しちゃっていいか」と思い切りがつきました。

やはり同じ言葉でも、心に響くか響かないかは聞くタイミングですね。



そんな感じで、私はまた部屋の中の色々なものを処分しました。
ある程度処分や整理はしてきているので、
今回見直したのは、クリアファイルとかケースに入っているものの中身。

ケースに収まっているものって、ケースごと整理してしまいがちで
中身を見直すってあんまりやってなかったのです。

それに書類とかだとなんだか大事そうだし・・・。

でもいざケースを空けて1つずつ見てみると、「人生にあまり意味のないもの、重要ではないもの」に分類されるものがたくさん。かなりの書類やノート・ファイルなどを処分しました。

ついでに、以前一時期だけハマって集めていた
ガラスのミニチュア動物たちを処分しました。
photo (2) (コピー)

いつか、ガラスの動物で小さな動物園を作ろうと思って意気込んでいたのですが
もう自分が何の動物を持っているのかさえ思い出せない状態。
しかも飾らずにしまいこんでありました。

こういう飾り系というものは、しまっておくということが本当に不毛ですよね。
飾る以外に使う用途がない上に、飾らずに置いておくとしたら存在意義が全くありません。

それでも今まで、捨てられずにいました。
見た目が動物なので、情が湧いてしまったのです。

でも飾ることもないし、今後集めることもないし、思い切って処分しました。
これを機に、たぶん今後はよほどのことがない限り
飾る系のものは買わないと思います。


そして、本棚の本は今回16冊、そしてDVDセットをひとつも処分しました。
photo (1) (コピー)

繰り返してきた引っ越しや、片付けでも処分の対象にならず
今まで生き残っていたものばかり。

近所の本屋さんになくて、取り寄せてもらったりした思い入れの強いものもあります。
でも、この本を改めて読むことはほとんどないし、今後じっくり読むこともないだろうなと思いました。

そんな時間があったら、むしろ新しい本が読みたい
という気持ちの方が勝ってしまうものたちです。

でも内容はすごく良くて、はじめて読んだ時にはとてもウキウキした気持ちでした。
なので、私が読まないのなら、どなたか読みたい方の手に渡って欲しいとも思いました。

語学の参考書も、今は全力で勉強しようという気持ちではありません。
こういうものはその時代に合わせて試験内容が変化するので、参考書も変わっていきます。
今後勉強したいと思ったら、きっとその時にまた改めて買うだろうなと思いました。

リサイクルショップに持って行ったのですが、合計670円にしかなりませんでした。
本当に二束三文ですよね。なんだかさみしい気持ちになります。

一瞬「そんな値段にしかならないんだったら、やっぱり部屋に置いておこうか」とも思いましたが
どっちにしろ、もう読まない本ばかり。いらない物を部屋に置いておくよりは、やっぱり手放してすっきりさせよう
と思って、買い取って頂きました。

670円ぽっちの見返りよりも、「いらないものを置いておくスペース」の方が私には負担なのです。
それに不用品がお金に換金されるのですから、多少なりともメリットはあります。

ちょっと腑に落ちなかったのは、DVDセット。
3本セットでBOXに入っているのですが、「箱には値段が付きませんでした」と言われて返されたのです。

え?箱も含めてDVDセットなんじゃないの?
なぜセット品をバラバラに買い取るの?

と思いましたが、まぁ向こうがそう言っている以上、納得するしかありません。
結局、箱だけ持ち帰っても仕方ないので、処分してもらいました。

なんか腑に落ちない。

あ、リサイクルショップに持っていくときに
私が心に固く決めていることがひとつあります。

それは
「絶対に買い物をしてこない」ということです。

本とか服とか、買い取り査定してもらっている間にふらふら見ていると
思わず買ってしまいそうになるのですが、今は
「部屋の物を減らすために処分に来ている」訳ですから、新しく何かを手に入れるのは
矛盾しています。

しかも、買い取り価格が今回のように数百円にしかならない場合
不用品の処分代よりも、新しく買い物の値段の方が高くなることもあります。

せっかく車を出して不用品を買い取ってもらっているのに
新しく不要なものを持ち帰って、しかもその収支がマイナスだなんて!

そんなことにならないように、財布の紐は固く。
どうしても目移りしてしまうなら、いっそ店内は見て回らない!

ということにしています。

そうしているうちに部屋はだいぶスッキリしましたが、
私の目指す「物の少ない生活」「心地いい部屋」にはまだ達していないので
これからも色々見直してきたいと思います。

※肝心の部屋の写真撮り忘れました。今度UPします。

追記)アップしました→「現在の部屋の様子」

ひーこより。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
↑今度は、「手元に残しているもの」を紹介したいと思います。応援ポチよろしくお願いします!
まだ押したことがない方も、ぜひ一度ポチっと!
【2014/08/13】 ■部屋&DIY 片付け | TB(0) | CM(0)

アイスバーグが咲きました!

一時はミイラ化してパリパリに乾燥してしまった我が家のバラ。
詳しくはこちら→「バラの台風対策が裏目に出ました」
photo 3 (コピー)

その後、ものすごい回復力を見せてくれ
新芽が勢いよく芽吹いてきて本当にほっとしました。

その時の記事はこちら→「バラが順調に回復中」


そしてそして! ついに先日アイスバーグにつぼみを発見し
photo 1 (コピー)

このたび、花が咲きましたー!
photo 4 (コピー)

やっぱりダメージが大きかったのか
いつもよりだいぶ小ぶりで、直径3cmほどしかありません。
photo 3 (コピー)

それになんだか花弁が多い。
photo 2 (コピー)

香りも全くしませんが、それでもとりあえず
「咲いてくれて良かった」
という気持ちでいっぱいです。

あと、写真は取り忘れましたが、ロサキネンシスも先日1輪花が咲いていました。

知らぬ間に、ものすごい勢いでベイサルシュートが出ていて
あっという間に花が咲いたのです。

元々うちのロサキネンシスは、ことし2014年の1月31日に
外に生えていたものを2枝拝借して
さらに何等分化に切って挿し木をして育てていたもの。

挿し木をして数週間後の4月4日に一度だけ小さな花を咲かせて以来
まーったく咲く気配なく、葉っぱもうどん粉病やハダニにやられて
長い間ひょろひょろと頼りない感じだったのです。
当時の花の様子↓
f0344745_12503291 (コピー)


なので、今頃になって勢いよくシュートが出てきたこと
花が咲いてくれたことがとても嬉しい。


ただ、いずれも花が小さく弱弱しかったので
開花直後に切り戻しをしておきました。

次の花のためにも大事な作業です。

アイスバーグは、幹に付けっぱなしにしてあるタグに「四季咲き」と書いてあるのですが
今回の花がとても小ぶりなのが気になります。

何か育て方が間違っているのかもしれません。

バラの育て方も、まだまだ分からないことだらけ。
いろいろ研究して、早くベランダいっぱいにバラの花を咲かせたいと思います。


ひーこより。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
↑今日からカテゴリを変更しました。これからも応援よろしくお願いします!

ブログ村カテゴリ変更のお知らせ

このブログの開設当初から、にほんブログ村のランキングに参加しています。

今までは「ハンドメイド」のカテゴリのみだったのを
途中で「手作りお菓子」も追加して、2つのカテゴリで参加していました。

でもなんだかどっちもしっくりこなくて、ずっと考えていたのです。

私のブログは、「ハンドメイド」や「手作りお菓子」に特化しているのではなく
たくさんある趣味をただ毎日楽しんで、それを書き綴っているだけです。

なので、このままでは趣味の数だけカテゴリが増えてしまうのでは?
と心配していました。

そこで改めて検討していると、「暮らしを楽しむ」というジャンルを見つけました。

これだ!とピンと来たので、これからは「ハンドメイド」や「手作りお菓子」、そのほかの趣味のことも
全部ひっくるめる意味でも「暮らしを楽しむ」1本に絞りたいと思います。

今まで「ハンドメイド」や「手作りお菓子」で応援クリックしてくださったみなさま、
本当にありがとうございました。とっても嬉しかったです。

もしよろしければ、これからも「暮らしを楽しむ」での応援をよろしくおねがいします。


ひーこより。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
↑今日から「暮らしを楽しむ」デビューです。応援よろしくお願いします!

【2014/08/12】 ■お知らせ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ひーこ

Author:ひーこ
1980年生まれの松坂世代。

ひとたび笑いのスイッチが入ったら、箸が転がるどころかハトの歩く姿にさえ笑いを堪えることができない、おめでたい性格。

普段はしがない会社員で、2013年から実家暮らしを満喫中。

ブログ内検索
当ブログの画像一覧
当ブログの記事ランキング
フリーエリア
ブログパーツ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。