* ひーこさんの毎日 *

裁縫に製菓にガーデニング・・・。今日も何かに夢中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小さな感動

本日はすでに1記事更新したのですが、
前々からアップしようと思って忘れていたことを思い出したので
ちょこっと追加更新します。

数日前に1輪だけ咲いたコルダナローズのことです。
その時の様子はこちら→「バラが順調に回復中」

二日くらい花を楽しんでから、切り戻したのですが
切ったバラを部屋に飾ったのです。

こんな感じで。
photo 1 (コピー)

右下に小さく小さく写っているピンクが、コルダナローズです。
ちなみに、左側にある流木のネックレスホルダーも手作りです。
その時の様子はこちら→「流木でネックレスホルダーを作りました」







このバラ、上から見てみるとですね・・・










photo 2 (コピー)


ほら!そっくり!!


右に置いている陶器の小物入れの花飾りと
大きさと言い、形と言い、そーっくりじゃありませんか。


部屋で一人で発見したときは
「お!すごい!」と感動しました。

誰も共感してくれる人がいないので(※後日談を文末に追記しました)
ブログにアップしようと思ったのですが、前記事に追記で書くと目立たないし
かと言って、これでひとネタにするには内容がしょぼすぎるし・・・いつもしょぼいけど!

と思っていたのですが、やっぱりどうしても言いたかったので
単独記事でアップしました。

はぁスッキリ。


ちなみにこのコルダナローズ。
今ひとつ栄養が足りないのか、前回咲いた時よりも小さくて
花弁の数も少ないのですが、その姿に反して良く香るのです。

こんなに小さいのに、部屋に入ると「あ、バラの匂いがする」と気付くくらい。

前回大きく咲いた時にはあまり感じなかったので
今回は小さい分栄養は香りに行ったってことなのかな、と勝手に納得しています。


ひーこより。

追記)
誰も共感しないと思って見せていませんでしたが
ちょうど部屋に母が来たので見せてみました。

そしたら予想外に「えっ!」と驚いていて嬉しかったです。
・・・ただ、その後口から出たのが

(白い陶器の方を指差して)「これもイミテーションなの?」

そっち!?

やはり母はいつだって想定の斜め上です。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
↑応援ポチ、よろしくお願いします!
スポンサーサイト

材料費「0」。バラのうどん粉病対策

ミイラ化に負けずに新芽を出したバラたちですが
あれ以来、日々元気を取り戻しています。

ミイラ化からその後の経過までのお話はこちら↓
「バラの台風対策が裏目に出ました」
「枯れたバラに新芽が出ました」
「バラが順調に回復中」


全盛期から前回までの経過を、アイスバーグを例にとって見てみるとこんな感じです。
ちなみに、鉢植えを買ったのは今年2014年の2月13日のことです。


■全盛期
DSCF3146 (コピー)

■除湿器攻撃に遭った直後
photo 3 (コピー)

■それから数日後
photo 1 (コピー)

■枯れ葉の剪定と鉢増し
photo 13 (コピー)

■新芽の出芽
photo 6 (コピー)

最後の画像が、今日からちょうど一週間前なので
今はもう少し茂っています。(画像撮り忘れました)

で、今のうちにうどん粉病対策をすることにしました。
簡単だし、材料費も「0」だし、以前やって効果テキメンだったので。

私が行っているうどん粉病対策は、
「お米の研ぎ汁(と黒糖)」を葉に散布する方法です。

ネットで色々調べて、私なりに見よう見まねでやった方法を紹介します。

まず、濃いめの研ぎ汁を用意します。
私はお米3合に対してこれくらいの水の量で研いでいます。
photo 1 (コピー)

研ぎ汁の濃さも大事ですが、散布する量が多い場合は
多少薄くなっても水の量は不足しないように調整してください。
(濃さを優先しすぎて散布量が足りなかった経験アリ・・・)

漏斗などを使ってスプレー容器に移して
黒糖の粉末を少し入れます。
photo 2 (コピー)

この黒糖の量がイマイチ分からなかったのですが
色々調べていくうちに
「あんまり入れすぎるとバラにアリがたかって大変」
とおっしゃっている方がいました。

なので私は、「舐めてみても甘くない程度」の分量を心がけています。
実際舐めることはしませんが、目分量でなんとなく適当に。

で、出来上がったのがこの状態です。
容器はセリアで買ったものですが、この形だと散布する時に異様に疲れます。
やっぱり普通が一番だと実感しました。
photo 3 (コピー)

濃さはこれくらい。
濁っていて透明感が全くありません。
photo 4 (コピー)


で、写真を撮り忘れたのですが
これをバラの葉の裏目がけてシュッシュッと吹きかけて
指で軽く洗ってあげるようにこすっておきます。

葉が千切れないくらいの力加減です。

これでうどん粉病対策は終了です。

うどん粉病にすでに侵されていても、これをやると
次から出る新芽は見違えるように健康的な状態になります。

ただひとつ難点は、散布後に乾いたら
お米の研ぎ汁が白く粉浮きするところ。

でも葉がかなり元気になるので、それくらいは目をつぶろうと思います。


ひーこより。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
↑今日も今日とて応援ポチ、よろしくお願いします!


―――――(おまけ)―――――
製菓にも使える黒糖の粉末↓
粉末黒糖 1kg

粉末黒糖 1kg
価格:679円(税込、送料別)

失敗しないシュークリーム

昨日はシュークリームを焼きました。
先日作った「こひつじのスタイ」と一緒に、友達にプレゼントしようと思っています。
photo 4 (コピー)


今までロールケーキやら、メロンケーキやら
スイーツは色々制作してきましたが、どうも人様に差し上げれるようなクオリティに届かない。

ロールケーキの話はこちら→ 「ロールケーキを可愛く」 「マンゴーのロールケーキ」
メロンケーキの話はこちら→ 「HARBSのメロンケーキを夢見て」 「まだまだやります。メロンケーキ。」


そこで、私の手持ちレシピの中でも特に
「失敗知らず&評判の良い」シュークリームを焼くことにしたのです。

普段家にある材料だけで作れるので、思い立ったらいつでも作れるのも魅力。
たまご、小麦粉、サラダ油、砂糖、片栗粉、牛乳。
特にお菓子作りをしてない家庭にも、こういう材料は常備してますよね。

愛用のレシピはこちらです。

◆シュー生地(※レシピの分量で焼くと多すぎるので、いつも1/2量で作っています)
クックパッド「簡単♪サクッなシュークリーム生地♪」 by*Riamam*さん

◆カスタードクリーム
クックパッド「簡単なめらかカスタードクリーム③」 by yu_yu39さん


シュー生地は、分量通りで作ると、本当に大量に出来ます。
手のひらいっぱいくらいのサイズのシュークリームが、25個くらい出来てびっくりしました。
なので、私はいつも1/2量で作っています。

カスタードクリームは分量そのままでちょうどいいくらいです。

ちなみに、クックパッドのレシピはいつもプリントアウトして使っています。
photo 1 (コピー)

始めて作るレシピは、iPhoneのアプリを見ながら作るのですが
それで出来上がったものが美味しかった場合のみ、こうしてプリントして
ポケットファイルに入れてストックしています。

なので、このファイルに入っているのは全部一度作ったことがあるもので
なおかつ美味しかったものばかり。

こうしておけば、有料の会員にならなくても
充分クックパッドを活用できるしオススメです。

さらに、ちょっとした分量の加減を直接書き込み出来るのがポイントです。
photo 2 (コピー)

自分の好みや、作る分量(4人分で書いてある分量をいつも2人分で作る場合とか)、使う型(18cmケーキ型のレシピだけどいつも21cm型で作るとか)、手持ちのオーブンに合わせて焼き時間を調整する場合とか、直接書き込めるのは何かと便利です。

この文章を書いていて、自分が実際にどんな書き込みをしたか気になって見てみました。
色々書いてたので参考までにご紹介しますね。

※料理しながらの走り書きなので、元々汚い字がもっと汚くなって大変見辛いです。

photo 4 (コピー)

photo 3 (コピー)

photo 2 (コピー)

photo 1 (コピー)

こんな感じです。

そして、ポケットファイルは、「料理用」と「製菓用」で分けています。
近いうちに、「パン用」も作らなくてはと思っているところです。
今までは、総菜パンは「料理用」、菓子パンは「製菓用」にしていたのですが、
独立したカテゴリにした方が使いやすそうなので。

で、シュークリームですが(脱線が長すぎてすみません)
作ったことない方にとっては、その膨らみようにびっくりするかもしれませんね。

ものすごく膨らむのです。

まず生地をオーブンに入れた状態がこちら。
※iPhone撮影なため、ピンとがずれててゴメンナサイ。
photo 1 (コピー)

途中経過。
photo 2 (コピー)

最終的にはこれくらい膨らみます。
photo 3 (コピー)


うっかり、出来上がりサイズの生地を絞ってしまうと
焼きあがるころにはとんでもなくビッグサイズになってしまうので注意です。

また、膨らむことを想定して、生地を絞るときは間隔を大きく開けるのもポイントです。

粗熱が取れたら、カスタードクリームを詰めて、ラップなどをかけて冷やせば完成です。

カスタードは、シュー生地をカットしてからスプーンなどで入れても可愛いですが
やっぱり絞り金具を使って入れると、より本格的&食べやすくなっておすすめです。

私はこんな感じのものを使っています。


一晩寝かせると、シュー生地が良いくらいに柔らかくなって美味しいです。
ちょうどコンビニで売ってるシュークリームのような「ふしゅっと感」(上手く表現出来ない)になります。

作ったのが昨日なので、ちょうど今日が食べごろです。
仕事が終わったら、こひつじのスタイと一緒に、友人に持っていこうと思います。

喜んでくれるかな。


ひーこより。

追記)2014.7.31
こひつじのスタイと一緒に友達に渡しました。
「お店みたい」と言ってとても喜んでくれました。
やっぱりこのレシピは鉄板だわ。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
↑応援ポチお願いします!


―――――(おまけ)―――――
可愛いエプロンを付けているとテンションが上がります!
家の中でしか着ないけど、だからこそ好きなテイストを存分に楽しめます。

私は今2つを使いまわしています。

ひとつはこちら。
↓カスタマイズができるので、ポケットを黒に変更してもらいました。
上のオーブンの画像で、オーブンのガラスに少しだけ映っています。



もうひとつは、黒のカシュクールタイプなのですが
残念ながら売り切れていました。
こんな感じです↓


これもいいなぁ↓


こっちも可愛い↓
【2014/07/30】 ■料理 スイーツ | TB(0) | CM(0)

こひつじのベビースタイ

小学生のころからの友人に赤ちゃんが生まれました。
まだ生後3ヵ月にもならないホヤホヤの赤ちゃんです。

実は今、その他にもまわりの友達4人が出産して
私のまわりには生後3ヵ月~0ヵ月の赤ちゃんが4人います。

秋には、またひとり出産予定。まさにベビーラッシュです。
赤ちゃん大好きなので、本当に嬉しくて仕方ありません。

で、その友人に「赤ちゃんに何か作って♪」と言われたのでスタイを作ることにしました。
スタイって、生後3ヵ月くらいでも使うものでしょうか?

完成したのがこちら。
photo 1 (コピー)

photo 2 (コピー)


私は独身なのでもちろん赤ちゃんはいませんが
本屋さんなどで手芸の本を見ている時、赤ちゃん小物系の本が目に入ります。
本当にたくさんありますよね。手芸好きなママさんにはたまらないと思います。

私も赤ちゃんが出来たらこういうの作りたいなーと思って
密かに色々見ていました。(今のところ結婚の予定さえありませんが)

その中で、前から気になっていたのが
「作ってあげたい赤ちゃん小物」の中の「こひつじのスタイ」でした。



友達に「赤ちゃんに何か作って」と言われたとき、
すぐにこのスタイが思い浮かび、週末に図書館へ走った・・・というわけです。

実はこのスタイ、見本では顔が茶色なのです。
photo 3 (コピー)

なんとなく、真っ白のひつじにしたかったので
顔の生地はまわりの生地と同じものを使うことにしました。

ただ、輪郭がぼやけないようにステッチ(端ミシンというの?)をかけました。

他にも色々とアレンジを加えました。
例えば・・・
・鼻を大き目に&丸っこく
・輪郭を大きく
・口を省略

と言った感じです。

生地はタオルを使いました。
用途がよだれかけなので、吸水性の高い素材がいいかなと思って。

作り方は思ったよりも簡単で、
まずは型紙を200%に拡大コピーして、生地の上にあてて縫い代分1cmほど大き目に裁断。
photo 1 (コピー)

いつもはチャコペンなどで生地に写すのですが、
そうじゃなくて、型紙を生地に置いて、そのままフリーハンドで1cmオーバーにカットする
という方法を知って、それを真似してみました。

縫う時に1cm内側を縫えば同じことだし
チャコペンで写す手間が省けてとても良いです。
ただ、切っているうちにずれないように注意が必要です。

今回はモコモコした生地だったので、多少の誤差はほとんど仕上がりに影響しないし
こういうやり方もありだなと思いました。

ただ、輪郭がはっきり出る生地や、少しのゆがみが仕上がりに影響する
服などはやっぱりちゃんとチャコペンを使うほうがいいなと思います。

生地を裁断したら、まずは耳から縫いました。小さいパーツなので、裏返すのが一苦労でした。
カーブしているところは、細かく切込みを入れています。
photo 2 (コピー)

続いて、顔の輪郭を作って、そこにフェルトで作った目と鼻を手縫いで止めて
本体と合体させます。
photo 3 (コピー)

表情を作るときに意識したのは、
・目はなるべく離す
・鼻はなるべく上に
の2点。

実はこれ、キティちゃんの法則です。(勝手にそう呼んでるだけ)
キティちゃんのイラストを描くのにハマっていた時に、
思ったよりも目が離れていて、鼻が上めなことに気付きました。

当時はキャラケーキ作りにハマっていたので
キティちゃんをモチーフにしたケーキを作ったこともありました。

その時作ったケーキがこれです。
友達の誕生日用に作ったものです。
th_IMG_2340 (コピー)


あ、話が逸れました。


顔が付いたら、後は中表にして二枚を縫い合わせるのですが
その時に耳を付けるか迷いました。

普通は、耳も一緒に縫い合わせると思うのですが
左右対称に付ける自信がなかったのです。

そこで、一端耳なしで縫い合わせてから表に返し
表から耳の箇所をほどいて耳を挿入し、手縫いで仮止めして
改めてミシンで縫う・・・という方法でつけました。

でも確か、本の手順によれば
耳は表布と裏布の間に挟むのではなくて、後ろに縫い合わせる・・・だったような。
途中から本は全く見ていないので良く覚えてませんが、そんなだった気がします。

でも、私は表布と裏布に挟みたかったので
こういうやり方にりました。

それで仕上がったのか、先ほどのトップ画像のこちらです。
photo 1 (コピー)

耳の位置、ばっちりでしょう?

留め具は、家にあった大き目のスナップを使いました。
スナップだけだと、あまりにも「手作り感」が出ている気がしたので
ダイソーで以前買ったくるみボタンキットを使って、共布のくるみボタンを作ってアクセントに付けました。

私としては、ここ最近で一番の完成度です。
念願のこのスタイを作れたこともうれしいです。

ただ、とっても個性的なので友達が(&赤ちゃんが)喜んでくれるか心配。


作り方は上でも書いたように本当に簡単でした。

二枚合わせるだけのベースに、顔や耳を付けたりしているだけです。
なので、ひつじに限らず、猫やさるなど、他の動物も自分で出来そう。

今回は生地がモコモコしていたので、ミシンを掛けるときに
下に紙を敷いて一緒にミシン掛けして、縫った後で紙を切り取ったりして
なんだかんだと、工夫を凝らして作ったけど、生地によってはもっと簡単に作れそうです。

ベースとなる型紙のコピーは保存しているので
また機会があったら作ってみたいなと思います。


ひーこより。

追記)2014.7.31
とーっても喜んでもらえました。「すごいすごい」と何度も言ってもらえました。
そしてリクエストももらいました。「次はパンダがいい」そうで。
表情とかは完全オリジナルになるけど、頑張ります!

それにしても、実際に赤ちゃんが付けてくれると
感動しますね。めっちゃくちゃ可愛かったです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
↑上手に作れて一安心です。応援ポチよろしくお願いします!


追伸)googleで「こひつじ スタイ」で画像検索すると、この本で作成した作品がいっぱいヒットします。
いろんな表情が見れて楽しい!



↓市販のものも可愛い~
やっぱり私は、「○○模様」とかよりも、モロその形ものが好き。




【2014/07/29】 ■ソーイング 小物 | TB(0) | CM(0)

低い生活のための部屋の模様替え

部屋の模様替えブームが続いています。

その①はこちら→「暑いので部屋を模様替え」
その②はこちら→「断捨離はじめました」


前回までに、家具の位置を変えたり家具自体を減らしたりしてみましたが、
上手く思い描いた部屋にならずにいました。

目指しているのは
①物が少ない部屋
②低い生活
です。

①の「物が少ない」状態にするために、一番存在感の大きかったパイプベッド(画面右)を片付けることにしました。
1.jpg


このパイプベッドは、私が実家を離れている間に父か誰かが買ったものです。
一時的に帰省している時に使っていたのですが、長期的に滞在となると
寝心地が悪くてあんまり好きではありませんでした。

パイプの組み方も微妙で、壁にきっちり寄せられないのも気になっていました。

でも、この下に薄型の衣装ケースが4つも収まっているので
ベッドを撤去するためには衣装ケースもすべて片付けなくてはいけませんでした。

中の物を見直して捨てたり、リサイクルショップで買い取ってもらったりしましたが
なかなか減りません。

そこで、タンスやクローゼットの中身も見直して、不要物の処分を行い
部屋全体の荷物量を減らして、衣装ケースの中身を移動できるスペースを作りました。

そうこうして、なんとか衣装ケース4つが片付き、いざパイプベッドの処分。
一人では重くて運べないので、外せるネジは全部外して分解しました。

六角形の形の特殊なネジだったのですが、
ダイソーに工具があったので、100円で購入して無事分解することが出来ました。

ただ、捨てて良いのか分からなかったので、分解後は
今使っていない部屋に保管することにしました。
許可が出たら処分しようと思います。

続いて、机も分解しました。
「低い生活」にこの高い机は必要ありません。画像左です。
2.jpg


これもパイプベッドと同じネジでしたので、ダイソーの工具が役立ちました。
この机は分解後、部屋の角のデッドスペース部分に収納しています。

そうこうして、大物家具の分解→撤去が済んで、だいぶスッキリしました。
これまでの過程を順番に並べると、こういう感じです。


■最初の状態
家具が多い上に、配置にも圧迫感がありました。
th_photo 1

■1回目の模様替え
背の高い本棚を撤去して、家具の配置を変えた状態。かなりゆったりした印象になりました。
th_photo 1_2

■2回目の模様替え(現状)
ベッドと机を撤去して、代わりに低い机と・・・ここでまさかの大型椅子を投入しました。
photo 1 (コピー)



別角度から・・・

th_photo 3

th_photo 2

photo 2 (コピー)


今回の模様替えでも、また不要物をリサイクルショップに持っていきました。
photo 6 (コピー)

12冊持って行って、1冊だけ買い取り不可(本にスタンプが押されていたため)でしたが
11冊買い取ってもらえて合計670円になりました。

中国語の辞書はちょっと期待していたのですが、たったの20円にしかならず
持ち帰ろうかと一瞬迷いましたが、家に置いてても使わないので20円で買い取ってもらいました。

これで、前回の買い取り分と合わせると、合計3,560円になりました。


そのお金で買ったのもが、この大物の椅子です。
※大きさ比較のためにうちの愛犬に乗ってもらいました。15kgある大き目の犬です。
photo 3 (コピー)


実はこの椅子、ずーっとずーっと欲しかったのです。
楽天でも長い間「お気に入り」に登録したままでした。



家具屋さんとかでも見ていたのですが
5万円とか7万円とか、とにかく値段が高い!

この楽天のものは本当に格安で、でもそれでも1万7千円ほど。

椅子にそこまで出せない・・・。

ところがこのたび、ご縁あって2,000円で譲っていただくことが出来たのです。
しかも特に大型のタイプ。

部屋は断捨離真っ只中で、物を減らす方向でしたが
この椅子が2,000円!それなら!ってことで、譲っていただいたのです。

部屋に運ぶと、想像してたよりも大きくて場所を取るのですが
それでもこの座り心地。買ってよかった~
本当にこんな感じです↓
papasan.jpg
※画像お借りしました


幅が120cmくらいあるので、横座りで座るのがお気に入りです。
気分は、月に腰かけているイメージ。
moon.jpg
※画像お借りしました

最近は風も良く通るし、ここに座って窓の外の空を見ながら
風に吹かれている時間が本当に心地いいです。

買ってよかった。片付けて良かった。


ひーこより。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
↑応援ポチ、よろしくお願いします!

マンゴーのロールケーキ

大きなマンゴーを頂きました。

大きく切れた部分は生で食べて
細々した部分はロールケーキにしました。

th_photo 5

相変わらず、デコレーションのセンスが無さ過ぎて凹みます。

まずはスポンジを焼くところからなのですが
泡立てが今回はとっても上手くできて、ものすごくアワアワした生地になりました。

そのせいなのか、焼くと想像以上に膨らんでびっくりしました。
しかも、膨らみ具合にムラが・・・
th_photo 1
※オーブンから出して冷ましているところです。
五徳の上で焼いた訳じゃありません。念のため。


でも、粗熱が取れる頃には膨らみも落ち着いて
きれいな状態になってほっと一安心。
th_photo 2

またまた例の生クリームが登場です。
一度お高いクリームの感覚を知ると、もう戻れない・・・のではなく、
単に前回のメロンケーキのときに一箱余分に買ったのでその余りを使いました。
th_photo 3


小さめにカットしたマンゴーを乗せて
巻いてから冷蔵庫で冷やして完成です。
th_photo 4


ロールケーキは巻く時が一番神経を使います。
押すようにして巻くとクリームやフルーツが押し出されてしまうので
被せるように巻くイメージでいつも巻いています。

巻き終わりは、定規を使ってきっちり詰めることも忘れずに。


今回のロールケーキは、はじめてのレシピでスポンジを焼いたのですが
思った以上にしっとりというか、シュワっとしすぎてて
生クリームとの一体感が上手く出ませんでした。

私的な採点は50点です。

味と、巻きが上手く行ったところで50点。
食感やデコレーションなどは0点です。

なかなかスイーツ作りも上手になりません。
自宅でお店のもののようにセンスよく作れる人に憧れます。


ひーこより。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
↑今日も応援ポチお願いします!
【2014/07/27】 ■料理 スイーツ | TB(0) | CM(0)

番外編) ラジオ 【夏休み子ども電話相談室】 が大好きです

「自分がやる/作る」系の趣味じゃないので、「番外編」ということで。



私はラジオが好きで、結構聞いています。

今はポッドキャストやネットラジオがあるので、
日本全国どころか、世界中のラジオを聞けるので楽しいです。

中国語や英語は、忘れないようにする意味でも
部屋で現地のラジオをダダ流しにしたりすることもあります。

特にラジオドラマは小学生のころから大好きで
最近は中国のラジオドラマをポッドキャストに落として
車の中で聞いたりしています。

この時期になると忘れてならないのが
NHKの「夏休み 子ども科学電話相談」

放送時間はこんな感じです。
キャプチャ (コピー)


とにかくこの子ども相談、子どもたちの年齢が4、5歳くらいから小学校低学年が多くて
まず声からものすごく可愛いのです。

ラジオ越しに聞いているからなのか
近所で騒いでいる子どもに比べても、子どもらしくてとっても良い。

そして、このくらいの年齢の子どもならではの
それはそれは純粋で、かつ難題が毎回質問されます。

回答する先生方は、その道の専門家ばかりなので
ちゃんと論理的な回答が返ってくるのもいいところ。
大人が聞いていても「なるほど~」と唸る回答ばかりです。

例えば


hana54asagao (コピー) (コピー)
朝顔はどうして早起きなんですか?

というちびっ子の質問に対しての答えは

「朝顔は早起きというよりも、前の日の暗くなる時から数えてちょうど10時間後に花が咲くようになってるんだよ」
というような感じです。

「前の日の夕方6時くらいに暗くなったとしたら、次の日の朝4時くらいに花が咲くんだよ。だから早起きしてるみたいに見えるんだね~。でもね、もし前の日が5時くらいに暗くなったとしたら、次の日の朝3時・・・夜中だねぇ。夜に花が咲くことになるんだよ。だから、早起きなんじゃなくて、とても規則正しい生活リズムって言った方がいいかもしれないね~」

みたいな。

へぇぇぇぇ~。

8173303236_1ca0cafc95_o (コピー) (コピー)
他にも、カメレオンがどうして色が変わるんですかっていう質問があった時
細かい細胞レベルの話もしていたのですが、一番印象的だったのは
「緑色に見えるカメレオンも、死んだら灰色になるんだよ」という答え。

へぇぇぇぇ~。


夏休みになるとこれが聞ける、と思うと
本当にわくわくします。

いつか結婚して子どもが出来たら、きっとこんな質問しょっちゅうされるんだろうな
などと無駄な妄想をしながら聞くのも楽しいです。

その時、こうやって根拠あるきちんとした答えを
分かりやすく教えられる親になれるといいのですが。。。

もしかしたら訪れるその時に備えて
少しでもラジオ聞いて、知識をストックしなきゃ。

あー忙し忙しっ


今年のバックナンバーの質問と答えは、こちらから聞けるみたいです。
「予定表」

なんと!本にもなっていた!!
  


ひーこより。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
↑記事にするか迷ったのですが、書いてスッキリしました。良かったらポチお願いします!
【2014/07/26】 ■その他 | TB(0) | CM(0)

デカぱんつ

あれ以来ショートパンツの量産計画が続いています。

昨日も、ずっと前に買った生地の余りを使って作りました。

前回「ギリギリの大きさで裁断すると、縫っているうちに小さくなって履けなくなる」ことを学習したので
今回は「大き目 大き目・・・」と呪文のように繰り返しながら作業しました。

イメージとしては、「天空の城 ラピュタ」のシータのような感じ。
rapyuta_mr_12345678.jpg
※画像お借りしました。

私の感覚で「ちょうどいい」くらいで作ると、全く履けないくらい小さくなるようなので
ちょっとオーバーなくらい大きい方が、最終的にルームウェアに良いくらいな
ゆとり感が出るはず、だと思ったのです。

が、仕上がったのは、想像を上回る大きさのショートパンツ。
photo 4 (コピー)

履いてみるとさらに「デカっ」という感じです。
あと30kg、40kg太っても余裕で履けそうなくらいです。

失敗したのは大きさだけじゃありません。
裾に付けた黄色のフリル。これも全然イメージとは違う仕上がりなのです。
photo 5 (コピー)


薄いけど紙のようなパリッとした生地で
きっちり畳んでひだを作ったので、なんというか柔らかさが全然ないのです。

鋭利すぎる。

なんだか恐竜っぽいなぁと勝手に思っています。

こういうイメージ↓
BTThfk5CQAAMep6 (コピー)
※画像お借りしました。


でも一応これでも、ひだの向きが左右対称になるように縫い合わせているのですよ。

ウエスト部分はまたしても2段ゴム。
photo 6 (コピー)

ダイソーで買った「パジャマゴム」を使っています。
パジャマゴムは幅が2cmくらい1.5cm(でした)あるので、3段にするとさすがにウエスト部分が長くなりすぎてしまいます。
かと言って、1段はあまり好きじゃなくて。

というわけで、量産計画第3弾が完成しました。
これでショートパンツ熱も落ち着きました。

そうそう。昨日は第2弾の方も少し手直ししました。
前回の様子はこちら→「ワンピをトップス&ショーパンにリメイク」

まず足りなかったゴムを入れて
photo 2 (コピー)

胸元にリボンを付けて
photo 3 (コピー)

完成です。
photo 1 (コピー)

せっかくリメイクしたのに、なんかありきたりなデザインになってしまいました。

でもとりあえずルームウェアも、第1段のこちらと合わせると3着目。
この時の様子はこちら→「スカートをパンツに簡単リメイク」
th_photo 4

そろそろ重い腰を上げて、放置しているワンピースの袖付けを再開しないと。
「袖だけリメイク」
「ワンピースの袖だけリメイク (続き)」


ひーこより。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
↑お揃いのトップスも作りたいけどもう生地がない・・・。今日も応援のポチお願いします!

バラが順調に回復中

あの時はどうなることかと思いました。

一時は、まるでそこだけ秋が訪れてしまったかのように
枯れに枯れ果ててしまった可哀想なバラたち。

確か、7月12日くらいの事でした。

その時のバラの状態はこんな感じです。
photo 3 (コピー)

風がふくと、「カサカサ」と乾いた音を立てて
香ばしい茶葉のような匂いもしていました。

詳しくはこちら→「バラの台風対策が裏目に出ました」

その後新芽の存在を確認出来たので、期待を込めて枯れ葉の部分を剪定しました。
枯れ葉事件から4日後の7月16日のことです。 詳しくはこちら→「枯れたバラに新芽が出ました」
photo 21 (コピー)


それからさらに5日後の7月21日には、一斉に新芽が芽吹いていきました。
ミイラ化したと思われたバラは、確実に生きていました。

■マヌウメイアン
photo 2 (コピー)

■アイスバーグ
photo 3 (コピー)

■ミニバラ(名称不明)
photo 1 (コピー)

→ミニバラのアップ
photo (コピー)

以前被害にあっていたうどん粉病の影響も出ず
却って生き生きした若葉になって元気になったように見えます。


乾燥の被害を受けなかったブルームーンは
少し強引に誘引してみました。
photo 4 (コピー)

逆「?」みたいな形になっています。

横に張るのではなくて、弧「⌒」を描くようにすると良いと聞いたので
それっぽくやってみました。

弧にすることで、脇枝(?)がたくさん出てくるらしいのです。
今ブルームーンは枝が1本伸びているだけなので、ぜひ脇枝が出てほしいものです。


さて、それからさらに3日後の今朝。7月24日の時点ではこんな状態になりました。
枯れ葉となった日から数えると、12日目です。

■マヌウメイアン
photo 7 (コピー)

■アイスバーグ
photo 6 (コピー)

■ミニバラ
photo 8 (コピー)

ね?
とっても元気でしょう?

ミイラ化したことが嘘のようです。
わずか12日でここまで回復するとは思ってもみませんでした。

やったことと言えば
①剪定
②鉢増し
③水やり
④観察
くらいです。

水やりは、バラの鉄則「乾いたらたっぷり」を守って
2日か3日に一度くらいのペースで
鉢の下から水が溢れるくらいたっぷりあげました。

観察は、毎日帰宅後と朝イチにベランダに出て見ています。
愛でている、と言っても良いかもしれないです。

育っていく様子を見るのは、本当に愛おしいものです。

ここまで葉が元気だと、いつか花も咲かせてくれるでしょう。


そうそう。
今回の乾燥被害に遭わなかったコルダナローズが
今朝、花を咲かせてくれました。
photo 9 (コピー)

一番左がコルダナローズ、真ん中がロサキネンシス1号、右がロサキネンシス2号です。

photo (1)
花びらの数が少なく小ぶりですが
とても濃いピンク色で咲いてくれました。


※前回満開に咲いた時はこんな感じでした。
DSCF3150 (コピー)


バラ1年生で右も左も分かりませんが
また前みたいに(→「バラがたくさん咲きました」満開が見れることを願っています。


ひーこより。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
↑元気になってくれて本当に良かった。今日も応援ポチお願いします!

ワンピをトップス&ショーパンにリメイク

夜更新になってしまいました。
紹介するのは、先ほど完成したばかりのルームウェアです。

th_photo 3_2

相変わらずやる事が適当なので
細かい粗が目立ちますが、ルームウェアなので問題ナシとします。

元々はワンピースでした。
元々というか、今日の夕方6時半くらいまでは。

th_photo-7.jpg

先日、ティアードスカートをショートパンツにしたばかりですが
その時の様子はこちら→「スカートをパンツに簡単リメイク」

あまりにも簡単&短時間で出来た事に感動して
早速2作目(本当は3作目)に着手してみたのです。

仕事から帰って、早速取りかかりました。
まずは目分量で上下の分離から。かなり大胆にフリーハンドで切りました。
th_photo 1

幸いボーダー柄だったので、フリーハンドでもキレイに切れました。

そしてトップスの部分の裾に、レースを付けました。
丈を補う作戦です。


続いて、前回の手順と同じようにショートパンツを作ります。
トップスとのお揃い感を出すために、こちらの裾にもレースを付けました。
中央線はなんとなく柄合わせを意識してみましたが
あまり上手く行きませんでした。
th_photo 2

ウエスト部分にゴムを通すところを作る時に
丈が足りないような気がして、急遽トップスの袖を拝借することにしました。
特に半袖にする予定はなかったのですが、下がショーパンになるし丁度良かったです。
th_photo 3

袖の部分を使って、ウエストを延長しました。
せっせと縫います。ねじれてても気にしません。部屋着だし。
th_photo 4

私が使っているミシンは、叔母に譲ってもらったもので
とても古いです。でも古くても無いよりは全然良いです。

無事、ウエスト部分も付いてゴムを通そうと思いましたが
ゴムのストックが無く、上の段にしか入れられませんでした。
足りない分は明日買いに行きます。
th_photo 4_2

袖もカットしたので、レースを付けてみました。

前回は3段ゴムでしたが、今回は生地の性質上2段にしました。
袖から無理矢理合体させたウエスト部分ですが、
止む無くボーダーを縦にしたのが、却ってオシャレに見えるような気がします。

今回のリメイクでは、ほとんど生地を無駄にしないで済みました。
残ったのはこれくらいです。
th_photo 1_2

取っておいてもしょうがないので、ポイしました。

元々のワンピースの状態は、冬にルームウェアとして使っていたのですが
寝る時にスカートというのは、私にはあまり向いてなかったので
今回パンツに出来て良かったです。

ただ、完全に夏仕様になってしまったので、
冬用のルームウェアがひとつ減ってしまうことになりました。
冬のことは、その時が来たらまた考えます。

それから、先ほど実はこれが3作目だと言ったのですが
2作目は失敗してしまったのです。

ウエスト部分も縫わずに放置している状態がこちら。
th_photo 2_2


ギリギリ、トップスの分も取れるかなーくらいの布があったので
ケチって最小限の幅でショートパンツを作ろうとしたので
縫って行くうちにサイズがどんどん小さくなって入らなくなったのです。

こんなことなら、トップスの分もパンツにまわせば良かった。
けど後の祭り。

中国語的に言うと「後悔已来不及了」(ホウホイ・イ・ライブジー・ラ)
「後悔先に立たず」です。

中国語のお話をしたときの記事はこちら→「超初心者向け「中国語クイズ」10題」


ひーこより。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ↑ちなみに、制作時間は2時間半でした。応援ポチお願いします!
プロフィール

ひーこ

Author:ひーこ
1980年生まれの松坂世代。

ひとたび笑いのスイッチが入ったら、箸が転がるどころかハトの歩く姿にさえ笑いを堪えることができない、おめでたい性格。

普段はしがない会社員で、2013年から実家暮らしを満喫中。

ブログ内検索
当ブログの画像一覧
当ブログの記事ランキング
フリーエリア
ブログパーツ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。