* ひーこさんの毎日 *

裁縫に製菓にガーデニング・・・。今日も何かに夢中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

真っ白なオーガニックコットンのベッドカバー

昨年断捨離を開始して以来、すっかり物の量が減り、物欲もだいぶ解消されて衝動買いはしなくなりました。
物が減ったので部屋が散らかることもなくとても快適な毎日です。


ちなみにこちらが断捨離前。(2014年7月時点)
th_photo 1

この時の記事はこちら→「暑いので部屋を模様替え」




そしてこちらが直近の状態です。
DSC_0093 (コピー)


この時の記事はこちら→「模様替えと色の断捨離」


一見普通の掛け布団カバーに見えますが、実はこれ、昭和な香り漂う
穴あきタイプ(?)。



こういうの↓
20110116_1816755.jpg
画像お借りしました。



上の面は表面に大きく穴が空いていて、中の敷布団が触り放題&カバーから出てき放題。

そのままだとビジュアルがあまりにも悪いので、穴の開いてる部分を下にして使っていました。
数日間誤魔化しながら使っていましたが、寝てる間にカバーの中に足が入ったりして
どうにも使い勝手が悪い。

やっぱりちゃんとした全面覆われているタイプのカバーが欲しいってずっと思っていたんです。



そこで、無印で開催中の良品週間のセールに便乗して、
このたびついにずっと欲しかったオーガニックコットンのベッドカバーを購入いたしました。
※ちなみにセール期間は実店舗では10月13日(火)までで、ネットストアだと14日(水)の午前10時までです。


あ、ベッドカバーと言うか、私は折りたたみ式のパイプベッドに敷布団を敷いているだけなので
正確には布団カバーです(笑)

色やデザインを散々悩んできましたが、やっぱり心地よく寝るために、肌触りを重視して決めました!
購入したのは、「オーガニックコットン洗いざらし掛け布団カバー」のシングルサイズです。

キャプチャ (コピー)


実際に装着してみると、こんな感じになりました。

DSC_0268 (コピー)

先ほどの昭和バージョンのとあまり大差ないように見えるかもしれませんが
実際に見ると、オシャレ度が全然違います。


DSC_0278 (コピー)


大きさの確認のために、購入後すぐに装着してみて、大きさがOKだったのでその後洗ってから再度装着しました。

肌触りはとっても気持ちいいです。
清潔感のあるシャリっと感というんでしょうか。洗い立てのコットンシャツのような感じです。


これだけじゃなくて、敷布団用のカバーも合わせて購入しました。

DSC_0279 (コピー)


敷布団用のカバーは、敷布団用と、ベッド用のボックスシーツがあって、かなり迷いました。
私は今は敷布団を使っていますが、いずれはベッドにしたいし、そうなると敷布団用を買うよりボックスシーツにした方がいいのではないか?
でも、ボックスシーツは敷布団に合うのか?

色々考えて、サイズなども確認した結果、ボックスシーツを敷布団に被せることに。

ボックスシーツは敷布団カバーと違ってマチがあるので、その分がもたつくかなと心配でしたが
大丈夫でした。多少もたつきますが、私は全く気になりません。

DSC_0282 (コピー)
※以前から柄が透けるのが嫌で、ずっと裏の無地の部分を上にして使っています。
無印のカバーは柄の面でも透けてないかも?

DSC_0281 (コピー)

キャプチ (コピー)


表面は、購入当初から洗い立てのような細かいシワがあります。
これが逆にシャリっとした手触りで私は好きです。全然硬くはないですよ。
DSC_0276 (コピー)


洗って使ってみること数日、最初のシャリっと感は良い具合に柔らかくなって
今ではふわっと優しいコットンの手触りに変化。

これから寒くなる季節に、この肌触りに包まれて眠るのが今から楽しみです。



そうそう。除光液を買い忘れたので、期間中にもう一度行かなきゃと思っています。
無印の除光液って使ったことないのですが、有名なネイルブロガーさんがすごくオススメしていて気になっていたんです。
なんでも、除光液特有のツンとした匂いがないとか、爪が傷まないとか。

キャプチャ (コピー)


あとはカレーも気になりますよね。良品週間の割引とは別にさらに割引になってるらしいですよ。

バターチキンが一番人気らしいですが、私無印のバターチキンカレーは辛すぎてちょっと苦手なんです。
昔香港の街角で食べた、バターの甘さとコクがたっぷりのバターカレーが忘れられなくて・・・。

でも、最近大好きなブロガーさんがこの海老のクリーミーカレーを絶賛されていて♪
今とっても気になっているんです。

キャプチ (コピー)


この機会にぜひ試してみようと思います。
楽しみ~♪









最後まで読んで下さりありがとうございました。
応援のポチよろしくお願いします。↓↓

にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
スポンサーサイト

壁面棚をD.I.Y

先日sarasa.designのリードディフューザーが届いて以来、
飾り場所としてぜひとも部屋に壁面棚を付けたいと思っていました。

でも、ホームセンターとかにあるL字金具を使うとどうしても金具が表に出てしまう。

理想は、こういう埋め込み式の壁面壁。
_IGP7801 (コピー)
※画像お借りしました。


こういう風にできる金具もあるようでしたが
私のモットーは「なるべくお金を掛けない」ですから、今回は見送ることに。


↑でもこれ、かなり良さそう。次は試したい。


あれこれ考えた結果、こういう形になりました。

DSC_0086 (コピー)

DSC_0091 (コピー)


埋め込み棚っぽくは見えないけど、それでも金具金具してないので
ひとまず合格ということにしようと思います。

金具を使わずに(見えないように)、壁に棚を取り付けるとういう事で
あれこれ脳内シミュレーションをしてみた結果、
壁と同じ壁紙を用いてカモフラージュさせることにしました。


材料はこんな感じです。
DSC_0068 (コピー)

厚みのある板が2枚(画像では、同じ長さの物が2枚揃わなかったので、1枚は半分の長さの物を2枚繋ぎ合わせた物を使いました)
それと、壁紙です。

板に壁紙を両面テープで貼って
DSC_0072 (コピー)

この状態にしたら
DSC_0079 (コピー)

もう一枚の板をL字になるように釘で固定。


そして、壁紙を貼ったほうの板にネジを差して壁に固定しました。


DSC_0091 (コピー)




これでやっと、リードディフューザーを飾れるようになりました。

ちょっと壁と同化してしまって存在感が薄いですが(苦笑)
部屋に馴染まなくて浮きまくるのはあまり好きじゃないのでちょうど良かったなと思います。

色的には同化していまっていますが、ほのかなgreen teaの香りがちゃんと存在を主張しています。
と言っても、忘れたころにふわっと香るくらいの本当にかすかな香り。

最初はもっとガンガンに匂いがするのかなとちょっと警戒していたのですが
全然そんなことは無く、心地いいくらいの微かな香りです。


これからさらに気温が上がり暑くなる季節ですが
爽やかな香りで快適に過ごせそうです。





↓ポチよろしくお願いします。


にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ


模様替えと色の断捨離

先月に引き続き、またしても部屋の模様替えをしました。

というのも、我が家に届いたこちら↓をどーしても素敵に飾りたくて、
存在が一層引き立つ部屋にしたくて。


aro000-030 (コピー)
画像はsarasa.designのHPからお借りしました。





それで、直近の部屋の状態はこういう感じでした。
DSC_1587 (コピー)




飾る場所があるとすれば、このカラーボックスの上くらい。
DSC_1591 (コピー)


でもノートパソコン置いてるし、それになんかここだとしっくりこない。


というわけで、こういう壁面棚を作ろうと思い立ち・・・
_IGP7801 (コピー)


一応途中までは作成したのですが、さぁいざ設置!となると
この棚を活かすには、もっともっと部屋の中の物を減らしたいなと思い
さらに断捨離を進め、インテリアの配置も考え直すことに。


インテリアと言っても、あるのはこれくらいです。

・ベッド
・大きなイス
・カラーボックス2つ


減らすなら、カラーボックス。
これを2つから1つに減らしたい!


物はこれまで断捨離に断捨離を重ねてきたので、今残っている物は本当に必要な物orときめくものばかり。
早々簡単には減らせません。


そこで、カラーボックス1つ分の荷物を収納する別のスペースを確保することに。

そこでターゲットとなったのが、クローゼット(という名の押入れ)の下の段。

ここは今まで手を付けずにいた場所で、かなり適当に押しやったものたちで溢れております。
DSC_0043 (コピー)

特に衣装ケースの中は、部屋着やスポーツウェアなどがゴチャゴチャ。

これを一旦全部出してみるとこの状態になります。
DSC_0053 (コピー)

両サイドにすのこを置いて、その上に幅ぴったりくらいの板を渡しただけの簡易的な造り。
釘などは一切使っていないので、設置も撤去も簡単です。
その代り若干不安定ではありますが、荷物を置くとその荷物が抑えになって安定するので大丈夫。

この板も撤去して、改めて収納容量が増えるような組み方に配置し直し
改めて荷物を収納してみたのがこちら。
DSC_01111 (コピー) (コピー)


前回よりも、奥の奥、上の上の方まで収納できたので、以前よりもだいぶ物が入りました。

大きな進歩としては、「置く」収納の他に「掛ける」収納に気付いたことです。
両サイドに、荷物を入れたバッグを引っかけています。

空間が狭いし限られているから、出来るだけその空間をいっぱいいっぱい利用したくて。


そして、この状態はすでにクローゼットの上の段でかなり場所を占領していたトランクやノートPCの箱も
ここに移動して納めてあります。だから、収納量はかなり増えました。

上の段はトランクなどがなくなった分、カラーボックス1つ分の荷物を収納することが出来ました。

もうなんか、パズルみたいな感覚でした。

そうやって、カラーボックス1つが減って、改めて模様替えした部屋がこんな感じです。
DSC_0093 (コピー)

ちなみに直前はこちら↓
DSC_1587 (コピー)



結局、家具の配置は前々回の部屋の状態に戻しました。
やっぱりベッドの位置はここがしっくりきます。

ベッドカバーもラベンダーカラーから真っ白にチェンジ。

部屋の色数を減らすだけでも、かなりスッキリした印象です。
もしかしたら、物を減らすより色を減らす方が効果的かもしれないなと思いました。

別角度はこちら。

前回こんな状態だったこの壁は・・・
DSC_1591 (コピー)

ここまでスッキリしました。
DSC_0096 (コピー)

壁が見えるって本当にスッキリ見えて気持ちいい。


部屋に鎮座していた真っ黒のスピーカーは
良く考えたらそこまで頻繁に使っていなかったので、断捨離対象となり
今はとりあえずベッド奥のすき間に置いています。
DSC_0103 (コピー)

部屋の形がいびつなので、こういうデッドスペースはどうしても生まれてしまいますが
こうした隠し収納(?)としてなんとか隙間を活用しています。


さて、これで無事家具も減って、壁面も広々したので
次こそは壁面棚を設置したいと思います。


↓ポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

憧れのsarasa.designと、模様替えの構想

先日、とても嬉しいものが我が家にやってきました。


じゃん。
「sarasa.design」のリードディフューザー(green teaの香り)です。
DSC_0026 (コピー)


↑100個限定20%offで2,400円(税抜き)。





瓶の大きさはこれくらいです。
DSC_0031 (コピー)

このスッキリした透明感がツボです。
濁りなく、曇りなく、色味も全くない完全なクリア。

ラベルのセンスもさすが。カッコいいなぁ。

ブロックの中に設置するので見えなくなるのが惜しいくらい。


設置例はこんな感じです。
画像はsarasa.designのHPからお借りしました。
aro000-030 (コピー)


素敵~カッコいい~




早速部屋に飾りたいところなのですが、
今のところ、「ここ!」と言える場所がありません。

DSC_1587 (コピー)

DSC_1590 (コピー)



この家具の配置は、つい10日ほど前に変えたばかりなのですが、
その時の記事はこちら→「また部屋を模様替え&断捨離しました。」

実はあまりしっくりきてなくて、これを機会にもう一度見直してみようと思っています。


物が減ったのはいいんだけど、もっと家具を減らしたい。
いっそこのカラーボックスもなくして、収納家具ゼロにしたいのです。


現在まだ構想を練ってる途中なのですが、
できればこういう感じにしたいなと思っています↓

_IGP7801 (コピー)
※画像お借りしました。

20120128_2521130 (コピー)
※画像お借りしました。


埋め込みで棚を作りたいのですが、私のD.I.Yレベルでは到底無理。

だけどなるべく金具が目立たないように設置できないかなとあれこれ考えています。


また模様替えが済んだら、改めてご報告したいと思います。
無事にsarasaのディフューザーが飾れますように。



↓ポチよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

バッグの中身

ミニマリストの生活に憧れていて、昨年から断捨離にハマって物をバッサバッサと勢いよく捨てております。

荷物が減って、物の定位置が決まってくると
片付けって本当に楽だし、散らからなくなる。

努力しなくても、常に「キレイ」という状態が続いていてとても快適です。

バッグの中身も同様で、財布やポーチなどそれぞれ定位置があるので
帰宅したら中身を全部出してそれぞれ定位置に戻すようにしています。

こうすることによって、持っていく必要のないものをバッグに入れっぱなしにしてバッグが重くなる、という事も防げるし
ちょっとしたゴミなどにも気付けるので絆創膏のゴミ屑などもその日の内に処分することが出来て清潔を保てます。

また、気分によってバッグを変えたい時も、荷物を移動するという概念がないので
気軽にバッグを変えられるのもメリットだと思います。


以前のバッグの状態は記録してなかったので手元にないのですが
現在の状態だけですがご紹介しようと思います。


バッグと中身を並べて見るとこんな感じです。

DSC_1661 (コピー)

バッグはROPEのキャンバス地のものを使っています。
キャンバス地だしカラーがオフホワイト×ネイビーなので、さわやかで夏の仕事用バッグとして大活躍しています。



だいぶ前に購入したのでもう同じ物は販売されていないみたい。ザンネン
似たような物だとこういう感じかな。どこかに本革が使われているバッグが好きです。



次買うなら憧れのクレドラン。






中身は結構多い方かなと思います。





細かく見ていくと・・・

DSC_1664 (コピー)
左から
マイバッグ(真っ黒)、iPhoneのイヤフォンマイク、リップクリーム、日焼け止め





DSC_1667 (コピー)

財布、メイクポーチ、名刺入れ、スマホ



スマホカバーはこんな感じです。ダミエっぽい上品さがとっても気に入っています。
DSC_1669 (コピー)









そして、ダイソーで買ったバッグインバッグ用の大き目ポーチの中身は筆記用具類。
DSC_1672 (コピー)
手帳、ノート(日記)、ノート(アイディアノート)、筆箱


関連記事↓
どうして今まで気付かなかったんだろう。手帳のペン収納方法。
ムーミンの簡単オリジナル手帳




ポーチに入れるとこんな感じ。
小説とか本を持ち歩くときもこの中に入れています。
DSC_1674 (コピー)


これらをこんな感じでバッグにIN。

DSC_1676 (コピー)


ダイソーのポーチがあるおかげで、荷物多めの私でもバッグの中が散らからず大助かりです。

ノート類は、毎日必ず必要というわけではないので、持っていかない日はこのポーチごと家に置いておきます。
もしくは、会社から訪問先に外出する際などは、このポーチだけ会社に置いて出ます。
そうすると身軽だしバッグに余分もできるので他の資料など詰める際にも便利です。




ちなみに持ち物の中では特に財布がお気に入りです。
本革なのに金属のようなメタリック感。

もう使って7年目なのにメッキがめくれることもなく、手触りはとても滑らか。
DSC_1813 (コピー)



何といっても、この小銭入れの開口部分の広さが使いやすい。
DSC_1680 (コピー)


海外に住んでた頃に、友人がこれを持っていたのですが
ひと目見て私も惚れ込んで、帰国した際に速攻で買いに行きました。


色はベージュ(という名のシルバー)を使っています。


休日は小さいバッグを使う事が多いので、普通の長財布だとスペースを取ってしまうのですが
二つ折りなら他にもものが入れられるので便利。しばらくは二つ折り派が続くかなと思います。







ちなみに断捨離を逃れて今残っているバッグたち。

DSC_1685 (コピー)


関連記事↓
バッグを自分で修理



旅行に大活躍のロンシャンと、自由が丘のショップでひと目ぼれした赤の本革ポシェット。









DSC_1682 (コピー)
冬用のオフィスバッグはケイト・スペード。


色違い?


メーカー違うけど似てる~ これも可愛い



バッグと中身については今のところ不満はないです。

バッグもお手入れをしながらなるべく長く使っていければいいなと思っています。

今後もっと荷物が減って、バッグもさらに数が少なくなっていくのかな。
自分でもどこまでにミニマリストに近付けるか楽しみです。



↓ポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

【2015/06/22】 ■部屋&DIY 片付け | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ひーこ

Author:ひーこ
1980年生まれの松坂世代。

ひとたび笑いのスイッチが入ったら、箸が転がるどころかハトの歩く姿にさえ笑いを堪えることができない、おめでたい性格。

普段はしがない会社員で、2013年から実家暮らしを満喫中。

ブログ内検索
当ブログの画像一覧
当ブログの記事ランキング
フリーエリア
ブログパーツ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。