* ひーこさんの毎日 *

裁縫に製菓にガーデニング・・・。今日も何かに夢中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

空いた木箱にカルトナージュ

以前、確かおそばが入っていた木箱をカルトナージュして裁縫箱を作ったことがあります。

54 (コピー)

58 (コピー)


先日、似たような木箱が空き、母が「筆記用具をまとめられる入れ物が欲しい」と言っていたので同じようにカルトナージュしてみることにしました。


その箱というのがこちら。

th_DSC_0476.jpg

th_DSC_0477.jpg



表面を覆う布には、使っていなかったシルクのクッションカバーを使うことにしました。
その他の材料はセリアで買って来た金具類とキルト芯の綿、そしてダイソーで買った強力タイプの両面テープです。

th_DSC_0479.jpg
th_DSC_0505.jpg


クッションカバーは黒い装飾部分を全部外して無地の状態にしました。
ほどいた部分は縫い目が浮いていましたが、低温のアイロンをじっくりかけるとキレイに解消。

th_DSC_0488.jpg
th_DSC_0491.jpg


木箱に両面テープをぴったり際まで貼って、シワにならないように気を付けながら布を貼って行きます。そして蓋はふっくらさせるために厚紙をカットして上にキルト芯を4枚重ね。
th_DSC_0507.jpg
th_DSC_0508.jpg

綿が同じ厚みになるように布の引っぱり具合を調整しながら貼って、金具を付ければ完成です。

th_DSC_0513.jpg
th_DSC_0514.jpg


底にはフェルトを貼りました。
th_DSC_0515.jpg


前回の裁縫箱と並べるとこんな感じ。

th_DSC_0517.jpg


正方形の箱ですが、ちょうど長さが筆記用具が入るくらいだったので母も使い勝手が良さそうでした。

また木箱が出て来たらカルトナージュしたいと思います。



最後まで読んで下さりありがとうございました。
応援のポチよろしくお願いします。↓↓

にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
スポンサーサイト

(改訂版)100均クリアファイルを両面テープで簡単カルトナージュ

こんばんは。
珍しく夜の更新になってしまいましたが、今日は先日ご質問いただいた「クリアファイルのカルトナージュ」について書こうと思います♪

元ネタは2014年の9月1日にアップしたこちらの記事になります↓
両面テープで簡単カルトナージュ

100均とかで売っているクリアファイルに好きな布を両面テープで貼付けるだけの簡単カルトナージュです。
好きなデザインに出来るだけでなく、複数ある場合は統一感が出せるのでオススメです。

ただ改めて読み返してみると、手順が端折られすぎてて自分でも良くわからなかったです^^;
すみません><


せっかくなので、手順を1から改めて説明させてください^^

まず、好きな布をファイルを開いた状態よりひとまわり大きくカットします。
少なくとも3cm以上は大きく取った方がいいと思います。
私はきちんと測らずに、ファイルを置いて適当にフリーハンドで切りました。
th_DSC_0001.jpg


続いて四隅を45度くらいにカットします。
このとき、ファイルの角から1cm以上離してください。
th_DSC_0002.jpg

そしたらファイルの背表紙に幅ぴったりになるように両面テープを貼ります。
th_DSC_0007.jpg

↓両面テープを貼った状態
th_DSC_0006.jpg

そしたら両面テープをはがして、閉じた状態でこんな風に置きます。
ちょうど背表紙が中心にくるように。あと、上下の布幅が同じになっているか確認。
th_DSC_0010.jpg

左側の布を右にかぶせて、背表紙の両面テープにきっちりとくっつけます。
シワができないように慎重に。
th_DSC_0011.jpg


またファイルを開いて、背表紙と同じ幅で切り込みを入れます。
ポイントは、きっちりファイルまでカットするのではなくて、2mm程度開けること。
th_DSC_0012.jpg

あぁ大事なところなのにピンぼけしてる・・・。
わかりにくいかも知れませんが、ファイルより手前までしかカットしていません。
th_DSC_0013.jpg

そしたら、この背幅の部分に両面テープを貼ります。
これはファイルギリギリまできっちり貼って下さい。
th_DSC_0014.jpg

これをこんな風にカットしますが、カット幅はファイルに合わせます。
クリアポケットがはじまるところまでの幅で切って下さい。
th_DSC_0015.jpg

そしたら、念のため両面テープをよく布に押さえつけてから、
テープの紙を剥がします。
th_DSC_0016.jpg

それをペタッとファイルに折り付けて貼ります。
この時、先ほど2mmほど残して切り込みを入れたので、左右の布が若干もっていかれる感じになりますが、後でキレイになるので気にせずきっちりと折り返して下さい。
※下の画像で言うと、左側がちょっともっていかれてる状態です。
th_DSC_0017.jpg

上下終えるとこんな状態です。
th_DSC_0018.jpg

そしたら、布にこんな感じで両面テープを貼り付けます。
th_DSC_0019.jpg

手前の両面テープを剥がして、角を先に折り込みます。
th_DSC_0020.jpg

手前の布を貼り付けます。逆さにして反対側も同様に。
th_DSC_0021.jpg

そしたら、左側を貼り付けます。
th_DSC_0022.jpg

角のアップはこんな感じ。
th_DSC_0023.jpg

これを反対側の表紙にも同様に行ったら、次は内表紙(?)に貼る布を用意します。
後で一回り小さくカットするので、ここではちょうど表紙と同じくらいの大きさがいいと思います。
両側用に2枚用意します。
th_DSC_0028.jpg

周囲に両面テープを貼ります。
両面テープは直線がキレイなので、布よりもテープの直線を優先に貼って下さい。
※布に合わせてゆがませながら貼らなくてOKという意味です。
th_DSC_0035.jpg

そしたら、両面テープの直線に沿って、2mmほど内側にカットします。
このカット幅はもっと内側でも良いと思いますので、仕上がり画像を見てご自身のお好みの幅に切り落としても大丈夫です。
th_DSC_0036.jpg

両面テープを貼った状態でテープと布を一緒に切るので、布がほつれなくて扱いやすいです。
また、端まできれいにテープが密着する効果もあると思います。


カットが終わった状態がこちら。
th_DSC_0037.jpg

仮で内表紙に置いてみて、大きさを確認します。
th_DSC_0038.jpg

大きさが良ければ、一辺ずつ両面テープを剥がして貼ります。シワにならないようにやや引っ張りながら貼るとキレイに仕上がります。
あと、全部両面テープを剥がしてしまうと、貼りながら他のところがくっついたりしてやりにくいです。
貼り付けるとこんな状態になります。
th_DSC_0039.jpg

中心部分(背表紙の内側)はこんな感じです。
th_DSC_0041.jpg

両側貼り終わった状態。
th_DSC_0042.jpg

これで完成です。
th_DSC_0044.jpg

無地の布の場合は上下がわからなくなるので、私は小さいワッペンを両面テープで貼っています。
th_DSC_0046.jpg

前回作った2つと並べるとこんな感じ。
th_DSC_0047.jpg

100均のクリアファイルが、少しだけランクアップしました。
th_DSC_0048.jpg


手順が多いように見えるかも知れませんが、工作みたいな感じで簡単にできるので、気になった方はぜひぜひ挑戦してみて下さい。

もしわからないところがあれば、お気軽にコメント欄などからご質問ください^^


ひーこより。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
↑ランキングに参加しています。よろしかったら応援の1クリックお願いします。




目指せ北欧インテリア

私の部屋、未だにテイストというか方向性が定まらず迷走中なのですが
(画像は使いまわしです↓)
photo 1 (コピー)

色んな方のブログなどを拝見させて頂いているうちに
だんだんと「ときめく」インテリアの雰囲気が分かってきました。

それはずばり、北欧テイスト!

北欧インテリアをテーマにしたブログってたくさんありますよね。
みなさん、インテリアのセンスがいいだけじゃなくて
画像のクオリティが半端なく高くてビックリです。

えっ!雑誌!?

くらい、まるでプロのカメラマンが撮影したかのような
凛とした写真が並んでいて、眺めているだけでうっとりします。

そんなわけで、最近北欧テイストに興味津々なのですが
まず第一歩として「かご」を投入させたいなと思っています。

こういう感じが理想↓




収納には小箱や紙袋などを使っていたのですが
これらをかごで統一できれば、きっと北欧テイストに近づけるはず。

とは言う物の、熱しやすく冷めやすい私ですから
いつなんどき北欧に飽きてしまうかわかりません。

すべて買いそろえるのは少し抵抗があります。
何より、今は断捨離の真っ最中。
「買う」ことにはとても慎重なのです。

でも諦められない北欧インテリア。

という葛藤の末たどり着いたのが、こちら。
じゃん。
photo 4 (コピー)


かごの小箱です。


まず、かごのテクスチャの壁紙をダウンロードしてプリント。
photo 1 (コピー)


それを箱のサイズに合わせてカットして
photo 2 (コピー)


両面テープで貼っただけ!
photo 3 (コピー)


なんとも安上がりです。


結構良いアイディアだなと思うのですが、いかがでしょう?

かごは、希望のサイズぴったりのものを探すのは大変だし
「かご」と一口に言っても、いろんなテイストがあります。
網目の細かいものや濃淡、雰囲気・・・
実際部屋に置いてみて、本当に好きなものを見極めたい。

そういう時に、この方法だと色々気軽に試せていいんじゃないかなと思います。
カルトナージュの方法で箱から自作すれば、大きさも思い通り。

飽きたら別の柄を貼りなおせばいいんだし。

あら。良いことずくめ?

まだ作ったのはこれだけなのですが
行く行くは量産して、部屋のあらゆる箱類を見直したいと思っています。

ただ、かご模様の壁紙を探すのが結構大変。
元々こういう柄の包装紙なんかがあれば・・・と思っていたら
こんなアイテムを見つけました。

かご模様の紙袋~





かご模様の布~



ひーこより。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
昨日は、今までで一番たくさんの応援ポチを頂きました。感激で胸がいっぱいです。ありがとうございました!

100均クリアファイルを両面テープで簡単カルトナージュ

追記)さらに詳細な図解記事をアップしました。
「(改訂版)両面テープで簡単カルトナージュ」

____________________________________



100均のクリアファイルに、「いつか作ってみたい作品」とかをプリントして
大量にストックしています。

中身は裁縫系だったり、木工系だったり、スイーツのレシピだったり。
結構色々。

とにかく、このファイルを開いて眺めてるだけで
心がウキウキします。

こんまりさんの言葉を借りると
このファイルは間違いなく私にとってときめくものです。

そのファイルの置き場所がこちら。
photo 1 (コピー)

せっかくときめく物が詰まっているのに
残念ながらその外見には全くときめきません。

今まで全然気にならなかったのですが
最近、断捨離断捨離で片っ端から捨てていることもあって
このファイルの外観にはじめて目が行きました。

で、なんとかしたいな、と。

そこで、カルトナージュの要領でファイルに布を貼って
リメイクしようと思って、早速試してみました。

自己流なので、大ざっぱではありますが
ご参考までに作り方を紹介します。

これが初めの状態です。
普通のクリアファイルです。
photo 2 (コピー)

広げて、一回り大きく布をカットします。
photo 3 (コピー)

角を端から1cmほど離して斜めにスパッとカット。
photo 5 (コピー)

全部切るとこんな状態です。
photo 4 (コピー)

ファイルを裏返して背表紙の全体に強力タイプの両面テープを貼ります。
photo 1 (コピー) (2)

両面テープの白いテープを剥がして
もう一度ファイルを裏返して、位置を確認しながら布に貼り付け。
※画像、わかりにくいですが背表紙部分だけ布とくっついている状態です。
photo 2 (コピー) (2)

続いて、背表紙の幅に切込みを入れます。
コツは、きっちり切るのではなくて1mmくらい手前で止めること。
↓の写真は、右は良いくらいですが左はちょっと切りすぎ。失敗です。
photo 4 (コピー) (2)

ぐるっと全体に両面テープを貼って、四隅の部分にも貼って、
布がたるまないようにピンと引っ張りながらファイルに貼りつけます。
photo 2 (コピー)

続いて、ファイルよりも一回り(1cmくらい内側)小さくしたサイズに布をカットして
四隅に両面テープを貼ります。
布を貼った後に、両面テープと一緒にさらに1~2mmずつ内側をカットすると
切り口がキレイに仕上がります。
photo 4 (コピー)

それを貼ると完成です。
photo 2 (コピー)

作るのに夢中になってしまって
ちょいちょい写真を撮り忘れてしまいました。

こんな説明で伝わっているでしょうか?

仕上がりはこんな感じです。
photo 5 (コピー)

ワッペンのストックが大量にあるので、それを使って
photo 3 (コピー)

こんな感じに仕上げました。
photo 1 (コピー)

追記)さらに詳細な図解記事はこちら
「(改訂版)両面テープで簡単カルトナージュ」

生地が足りなくて、今回は2つだけしか作れませんでした。
残りは、同じ生地を買うか別の柄に挑戦するかでちょっと迷っています。

レシピ用にキッチンで使っているクリアファイルもあるのですが
この方法で作ると水に弱いので、ビニールコーティングの布にも挑戦してみたいです。


ひーこより。



追伸)
今日から9月がスタートですね。
8月のトータルアクセス数が1,300でした。
更新の無い日も含めて、一日平均40人以上の方がこのブログに遊びに来て下さっている計算です。
こんなにたくさんの方が見に来てくれていることに、とても嬉しく思います。
前から読んでくださっている方も、たまたま覗いてくださった方も、本当にありがとうございます。

これからも、ささやかながらも幸せな時間を綴っていきたいと思います。
良かったらまた遊びに来てください。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

おそうめんの箱でマイ裁縫箱

昨日は帰宅したらパンでも焼こうかと思ったのですが
仕事がいつもよりバタバタしてて帰りが遅くなったので敢え無く断念。

それでも小一時間ほどの時間を捻出して、
前回リメイクに失敗したワンピースの袖に再チャレンジしましたが
時間も遅かったので裁断したところでタイムオーバー・・・。
※前回のリメイクのお話はこちら→「袖だけリメイク」

というわけで、今日は一年ほど前に制作した過去作品の紹介です。

おそうめんが入っていた木箱を使って、カルトナージュで裁縫箱を作りました。
金具は100円ショップのセリアで買ったものです。

54 (コピー)

カルトナージュ。私は昨年知りました。
名前はなんだか難しそうな響きですが、ざっくり説明すると
「箱に布を貼る手法のこと」です。

Wikipediaによると・・・
『厚紙で組み立てた箱などに紙や布を貼り付けて仕上げるフランスの伝統的な手芸』とのこと。

私が知るきっかけとなったのは、
大好きなブログ「happy-go-lucky」の記事です。

箱に布を貼るということ自体にもびっくりでしたが
その仕上がりに痛く感動しました。

売り物みたいじゃないですか。

自分サイズで作れるから、いろんな場所にピッタリ収まるように作れるのもいい。
しかもこれ、布の組み合わせによってはナチュラル系からゴージャス系、
キッズ向けやモダンテイスト・・・いろんなイメージで出来そうなところも、面白い。

実用性があって、ハンドメイド欲も満たしてくれる
まさに言う事なしの趣味です。

カルトナージュを知ってからというもの、私は作ってみたくて仕方ありませんでした。
そんな時、目に留まったのが「おそうめんの箱」。

こういう感じのものです↓


その頃の私はちょうど裁縫熱が再燃していて、マイ裁縫箱が欲しかった。
そこで、このおそうめんの箱で自作しようと思い立ったのです。

使ったのは買い置きの布。白地の紅型模様なんです。めずらしいでしょう?
これで何か作りたくて、ずっと大切に取っておいたものなんです。

最近同じ生地は全然探せまん。こんな感じが近いかな↓
白地の紅型はやっぱり素敵。浴衣も可愛い。



作っている行程の画像が一切ないので、作り方を紹介出来ないのが残念ですが、
言っても「布を貼る」くらいなものです。

工夫した点は、強いて言えばふたの部分にキルト芯を入れてふっくらさせたり
ふたがパカパカ開くように本体と接続したりしたくらい。

そうそう。中は二段にしてみました。
上段は針と糸、糸切りはさみや糸通し、チャコペンなどの基本一式。
下段にはボタンやら端切れやら、こまごましたものが入っています。
58 (コピー)

黒い小さなピンクッション。これも手作りです。
IMG_7760 (コピー)

わかりにくいけど、バラなんです。
赤とかで作ればよかったかな。

私は、なんでもそうですが「~模様」とかではなく、モロその形をかたどったものが好きです。
このピンクッションもそう。バラ模様なのではなく、モロ「バラの形」なのがお気に入り。

待ち針の大きさと比較しても分かるように、とても小さなピンクッションです。
わずかに残った端切れで充分作れました。
それくらい、小さくて小さくて本当に愛らしいのです。

大好きな生地で作ったマイ裁縫箱。
見るたび使うたびに、それはもうウキウキなのです。


ひーこより。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
↑「おそうめんの箱には見えない!」と思ったら、ポチお願いします!

※クリックいつも本当にありがとうございます。今日見たら、ランキング「15位」まで上がっていました。とっても嬉しい!
プロフィール

ひーこ

Author:ひーこ
1980年生まれの松坂世代。

ひとたび笑いのスイッチが入ったら、箸が転がるどころかハトの歩く姿にさえ笑いを堪えることができない、おめでたい性格。

普段はしがない会社員で、2013年から実家暮らしを満喫中。

ブログ内検索
当ブログの画像一覧
当ブログの記事ランキング
フリーエリア
ブログパーツ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。